« 温泉で、もっときれいになる! | トップページ | 月の道 »

2005年11月19日 (土)

温泉力に感謝。

温泉は生きている。

こんな当然のことを、温泉ソムリエになるまでは、そんなに意識していませんでした。

でも、考えてみれば、地球は生きていて、そして、そこから湧き出る温泉も日々生まれているのですよね。

生まれたての新鮮な温泉は透明に近いと言われています。

それが、地上に出て、空気に触れたりして中の成分が反応して、赤い温泉、白い温泉、黄色い温泉、湯花の温泉になっていくのだそうです。

源泉かけ流しの白濁の温泉に来たのに、思ったほど白くないじゃん~。

特に、朝一番のりで、源泉の露天風呂などにいくと、こんなこともありますよね。

もし、そんな経験をしたら、がっかりせずに、

「うわ~。フレッシュ~。ラッキー!」と、思ってください。

朝までの間に、人が入らず、こんこんと湧き出たフレッシュな温泉で満たされたお湯は、色が薄いこともあるのです。

そして、次々と人が入ってきて、お風呂を出るころには、「あれ?なんか、来た時よりもお湯が白くなってる?!」

そんなこともあります。

先日、関温泉に行った時に、感動の体験をしました。

関温泉は「100%源泉かけ流し」を宣言している山の温泉街です。

「含鉄泉」という泉質で、特に女性にうれし“あたたまり”の「赤い温泉」です。

「お風呂いただきま~す」と、入った時には、うっすらと赤みを感じる程度のさらっとやわらかい感触のお湯でしたが、みんなで入っているうちに、みるみる赤い粒子が増えて、まろやかな赤いお湯になっていきました。

湯口から出たてのお湯をくむと、透明。最後のかけ湯用に汲み置きをしておくと、お風呂を出るころには、桶の中に鉄分の赤い粒子が現れていました。

含鉄泉は、特に酸素に触れると鉄分が赤く変化し、この現象を体感しやすいので、観察するのも楽しいですよね。

温泉さま。癒してくれてありがとう。と、思いました。

|

« 温泉で、もっときれいになる! | トップページ | 月の道 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/149491/7195340

この記事へのトラックバック一覧です: 温泉力に感謝。:

« 温泉で、もっときれいになる! | トップページ | 月の道 »