« 温泉セラピー3大要素 | トップページ | 17代目が受け継ぐ自家源泉 »

2006年2月24日 (金)

山の温泉?海の温泉?どっち?

山の温泉と海の温泉、どっちの温泉に行きますか?
 
木々に囲まれ、夕陽に映える山々を眺めて温泉につかる。
潮騒の音を聞きながら、水平線を眺めて温泉につかる。

ああ・・・・どっちもいいですよね~。

山の温泉に入ると、どんな効果があるのでしょうか?

まず、標高が高くなると、心拍数が上がります。
心拍数が上がることで、血のめぐりが良くなってきます。
つまり、温泉成分が身体にめぐりやすくなり、効能効果を実感しやすくなります。

では、海の温泉は、どんな効果があるのでしょうか?

海辺は気候も温暖で、湿度もあり、身体の弱っている方でも療養しやすい環境です。
また、塩分・ヨード・海のミネラルを含んだ大気浴は、身体の代謝を高めます。

山の温泉?海の温泉?

どっちの温泉に行こう!チェック

⇒山の温泉がおすすめ

●リフレッシュして元気になりたい
●エネルギーを注入して運気アップしたい
●にごり湯など、薬理効果の高いお湯に入りたい

山の温泉に入る時の注意点

1,000m以上の高地の温泉に行く場合は、できれば、標高の低い温泉に先に立ち寄り、少しずつ身体をならして行くことをおすすめします。

⇒海の温泉がおすすめ

●とってもくたびれたので休養したい
●すべてをリセットして癒されたい
●ダイエット効果もある温泉に入りたい

海の温泉に入る時の注意点

塩分を含んだ温泉は、温まり系の泉質です。予想以上に温まりますので、のぼせに注意です。海の近くで塩化物泉に入るだけで、もう、代謝は高まりますから、無理して長湯しないように気をつけましょう。

温泉選びは、もちろん、これに限りません。
気分で選ぶ。
行きたい宿で選ぶ。
海の幸とか山の幸とか、食べ物につられて選ぶ。
などなど

本当は、どれも「温泉セラピー」になります。

日常を離れるだけで、人はリフレッシュし、自然に触れるだけで癒されるからです。 

それでは、おまけの東京近郊・温泉ビュー情報。

海に沈む夕陽なら、西伊豆。

海に浮かぶ月を眺めるなら、熱海。

富士山なら、標高の低い河口湖温泉⇒標高の高い山中湖温泉へ。

湖水に映る逆さ富士で、富士山X2倍?のエネルギー?

夕陽に映えて赤く染まる山々なら、箱根・強羅。

さあ、どこの温泉に行きましょうか?

|

« 温泉セラピー3大要素 | トップページ | 17代目が受け継ぐ自家源泉 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/149491/8807432

この記事へのトラックバック一覧です: 山の温泉?海の温泉?どっち?:

« 温泉セラピー3大要素 | トップページ | 17代目が受け継ぐ自家源泉 »