« 若旦那さんの温泉学校 | トップページ | 1泊2日の世界旅行? »

2006年3月 5日 (日)

温泉で探検隊

チャップリンもヘレンケラーも癒された温泉

箱根・宮ノ下 富士屋ホテル

                       

keshiki

いまや、箱根の象徴のような存在となっている、富士屋ホテルに

久しぶりに泊まってきました。

わたしの大好きな本館のお部屋。

それぞれお部屋ごとにイメージが違うのも楽しみ。

                            

heya1

タランティーノ監督の「キルビル」の世界のような空間も。

高い天井にはアンティークな照明の灯り。

                      

heyaJPG heyafuroJPG

お部屋のバスタブにも天然温泉が引かれています。

けれども、やっぱり、わたしは大浴場が好き。

温泉浴場と呼ばれている温泉は、レトロなイメージの室内温水プールの横にひっそりとあります。

なんだか、ホテルの中を探検しているうちに、秘密の温泉を見つけた感じ。

                   

iriguchiJPG 発見!

温泉の入口表示もバイリンガル。

kanban

不老泉と名付けられた婦人の湯。

                        

yubune

                         

泉質は「ナトリウム-塩化物泉」、そう、お塩系は温まりの湯です。

すぐに身体がぽかぽかと温まり湯冷めしにくい泉質です。

また、ph8.6のアルカリ性で、つるつるとまろやかな美肌系温泉。

老若男女、どなたも気軽に入れる、優しい温泉です。

この、宮ノ下の温泉がかけ流しになっています。

宮ノ下温泉の歴史は古く、箱根七湯の1つに名を連ねています。

1878年に山口仙ノ助さんが、箱根を国際観光の地として発展させるという志をもって、当時500年の歴史をもつ温泉旅館「藤屋」を買収し富士屋ホテルを開業したそうです。

そういえば、先日、箱根・芦ノ湯の老舗旅館「松坂屋本店」の歴史をお聞きした時にも山口仙ノ助さんのお名前がでましたっけ。

この「富士屋ホテルの山口さん」や「松坂屋本店の松坂さん」などが、私財を投げ打って箱根の道路開発をなさったのだそう。

今日、私たちが、こうして気軽に箱根の温泉につかれるのは、このような方々のご苦労のお陰なのですね。

               

yamaguchi ←山口仙ノ助さまです。

「山口さ~ん、ありがとうございます~。」

今回はさらに、日本×ジャポネスクを満喫すべく、お夕食は憧れの「菊華荘」へ。

         

tsuki 菊華荘への道。三日月と星がキレイだったな~。

                                               

もと、高松宮別邸の「菊華荘」は、まさに富士屋ホテルの隠れ家。

                            

kikkasou3JPG

日本家屋にシャンデリア。

やわらかな光の照明でいただく会席料理の数々。

翌朝も、ゆっくりと温泉につかってから、朝食はメインダイニングへ。

                          

asaJPG

わたしは、この光に包まれた空間が大好き。

kaofujiya

時代の先駆者と呼ばれた2代目山口正造さんがモデルの彫刻

日本の「Onsen!」がこれだけ世界に広まったのは、やはり、このホテルの存在なくしては語れません。

ホテルのあちこちに、外国やら日本やら、いろいろな文化がMIXしています。

尾長鳥、天女と天使、アンティークグラス、水車小屋やチャップリン・・・。

温泉浴場への行き帰りに、何をどれだけ発見できるか?冒険小旅行。

あなたはいくつ、発見できるでしょうか?

                                                                     

「富士屋ホテルOnsen探検隊」で、脳内ホルモン活性?の楽しい温泉セラピー。

ぜひ、一度お試しくださいませ。

|

« 若旦那さんの温泉学校 | トップページ | 1泊2日の世界旅行? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/149491/8958776

この記事へのトラックバック一覧です: 温泉で探検隊:

« 若旦那さんの温泉学校 | トップページ | 1泊2日の世界旅行? »