« ぷちぷちラムネ温泉 | トップページ | 緑色のお湯に抱かれて »

2006年4月 2日 (日)

温泉鉄人レース

九州、憧れの温泉郷、黒川温泉

Dsc00220

黒川温泉名物の「露天風呂めぐり」に行きました。

まず、旅館組合「風の舎」で、「入湯手形」を購入します。

             

Dsc00264

これで、3ヶ所、好きなお宿を訪ねて温泉に入ることができます。

黒川温泉は、山間の小さな温泉郷。

川の流れに沿って、温泉旅館が点在しています。

泉質もそれぞれに特徴があり、どのお宿に行こうか本当にまよってしまいます。

おりしも、3月の日曜日。

そうです!ぐずぐずしてはいられません。

1湯目。新明館

ああ。川の向こうに源泉が見える~。なんだか、ワクワク。

                

Cimg0173

まるで、温泉アミューズメントパークのようです。

あそこに、ご主人自らの手で掘って作ったという「洞窟風呂」があるのですね~!!

と、ちょっと、興奮ぎみに歩を進めます。

川の向こうへ渡る橋は「記念写真」のメッカ。

            

Cimg0174

洞窟風呂の入り口では、放し飼いのニワトリさんがお出迎え。

               

Cimg0178 Cimg0179

温泉っていうか、洞窟探検隊。

隊長~。ヘルメットかぶらなくても平気ですかぁ~。

お~い。と、叫んでも、まだ、奥まである洞窟。

温泉にゆっくり。と、いうよりも、まず、この洞窟がどうなっているのかが気になってしょうがない。

洞窟探検がひと段落して、ようやく、温泉へ。ふう~。

なんか、太古の昔に戻ったみたい。

さて。ニワトリさんに見送られて、次のお湯を目指します。

                     

ぜひ、入ってみたかった「みどり色のにごり湯」の宿、黒川荘へ。

ここは、黒川温泉の一番奥。川沿いの道をしばらくお散歩。

見えてきました。その名も「奥の院 黒川荘」。

            

Dsc00221

うわ~ぁ。ほんとうに「みどり」、そして、白濁~。

                

Cimg0191 Cimg0186

              

観音露天風呂は、お庭をちょっと歩いた奥にあります。

内湯⇒すぐ外の岩露天風呂、と、はしごして体を温めたら、気合いでお庭を歩いていきましょう。

                

Cimg0194

                  

寒い空気もなんのその。温泉鉄人は今日も行く~!

気合いのある人だけが、この、すばらしい、エメラルドのにごり湯。観音露天風呂に到達できるのです。

はあはあ。

この露天風呂めぐり、半日くらいで3湯制覇しようとすると、かなりきついです。

でも、黒川荘には、すてきな喫茶室があり、ここで、しばし休憩です。

途中、小腹が空いた時には熊本名物「いきなり団子」がおすすめ。

蒸したお饅頭みたいなものなんだけど、中に餡とさつまいもが入っていて、ほっとするお味。急なお客様の時に、いきなり用意したお茶うけが起源。熊本人にはお馴染みの「おやつ」だそうです。

よーし、エネルギーもチャージしたので、いざ、最後の仕上げの3湯め。

もちろん!仕上げは「美人の湯」いこい旅館でございます。

わたし、ここの「立ち湯」に絶対入ってみたかったの。

この露天は、深いので、竹につかまって入るのです。

なんだか、無性にあの竹につかまらなくては!という使命感に燃えてしまった私。

                

Yu_tatiyu1 美人だらけだったため撮影できずイメージをお借りしました。

                            

お昼近い時間ともなると、湯めぐりの人手もピーク。

さすがに、美人の湯。美人になるためには、気合いが必要。

まずは、脱衣籠待ちの行列。

いざ、露天風呂へ出陣。で、待望の竹につかまって、ぷ~かぷか。

う~む。美人がすずなり?の状態。

                 

Cimg0202 美人の湯は、ヒステリーにも効く!

かくして、わたしの黒川温泉。露天風呂めぐり、鉄人レースバージョンは、無事、ゴールをむかえたのでありました。

ご褒美は、湧き水と温泉たまご。

                   

Cimg0199 Cimg0198

この、入浴手形。本当は、朝8:30~夜9:00まで利用できて、6ヶ月間有効。

だから、鉄人レースではなく、のんびり湯めぐりもできます。

今度は、そうしようっと。

            

Dsc00265_1

|

« ぷちぷちラムネ温泉 | トップページ | 緑色のお湯に抱かれて »

コメント

すごいペースで温泉旅に出ていますね。
日本を代表する「温泉セラピスト」目指して頑張ってくださいね。

投稿: 温泉ソムリエ | 2006年4月 3日 (月) 15時24分

遠間先生、いつもブログ見てくださっていてうれしいです。
そして、温かい応援ありがとうございます!
これからもどうぞよろしくお願いいたします。
新潟の温泉療養学セミナー合宿の翌日から九州へ飛びました!
今月は東北へ行く予定です。

投稿: 温泉セラピー | 2006年4月 3日 (月) 23時36分

わたしも黒川温泉の「のし湯」へ行ったことありますよ。

なかなか、魅力的な案内になっていますね。
今度はぜひ、入浴手形を手に入れて行ってみたいです。

投稿: masha | 2006年4月11日 (火) 22時30分

mashaさん、コメントありがとうございます。
うれしいです。

今週は、鳴子温泉郷へ行ってきます。

また、この温泉セラピーへ、ぜひ「お立ち寄り湯」してくださいませ。

投稿: 温泉セラピー | 2006年4月11日 (火) 22時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/149491/9397905

この記事へのトラックバック一覧です: 温泉鉄人レース:

« ぷちぷちラムネ温泉 | トップページ | 緑色のお湯に抱かれて »