« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »

2006年5月30日 (火)

源泉かけ流しインドカレー

いや~。とってもおもしろかったです。

日本温泉気候物理医学会の会員になり、学会の総会で、北海道・定山渓温泉へ行ってきました。

初めての本格的な温泉医学学会。2日間にわたり、先生方の講演や、50以上もの研究論文発表が行われました。

温泉の勉強をしているわたしにとっては、興味津々なテーマがいっぱい。そして、何よりも、「温泉」に着目して研究をしているという、同じ志の方々にたくさんお会いできて、感激でした。

さて。学会が終わって、飛行機でトンボ返りをするまでの約2時間。

なんとしても立ち寄りたかった「豊平峡温泉」へ行ってきました~!

Cimg0299

札幌・定山渓温泉から豊平川をさかのぼり、豊平峡温泉に到着~。

Cimg0242_1

「札幌市内にある秘湯~!」と呼ばれている、100%源泉かけ流しの温泉です。

しかも、汲み上げた源泉をタンクに貯めることなく、地中に通したパイプからそのまま湯船に注いでいるのだそうです。

泉質は、ナトリウム・カルシウム-炭酸水素塩・塩化物泉(含む土類-重曹泉)Ph7.0

炭酸水素イオンが豊富で、お肌表面を軟化させて、老廃物を落とすので、すべすべ肌になる、美肌系の温泉です。また、二酸化炭素も含んでいるので、血行促進作用でめぐりが良くなり、ものすごく温まります。

Onsenutiburo111

内湯は、かけ流された源泉のスケールで、床が鍾乳洞のようになっています。

Onsenhukurou1 Onsenyuyuu1

*お客様がいっぱいでしたので、HPのお写真をお借りしました。

露天風呂はとても大きく、この源泉独特の「シアノバクテリア」が太陽と「光合成」をして「酸素」を放出しているという「緑色」のヌルヌル湯です。

Cimg0308

炭酸水素塩泉特有の湯花も浮かび、秘湯気分満載です。

しか~ぁし!この「豊平峡温泉」のお楽しみは、これだけではありませ~ん!

玄関を入って、すぐ横の窓のむこうでは・・・・・。ぴたっ。ぴたっ。ぴたっ・・・。

そう!釜にナンをくっつけてる音!ナンて何ですかぁ~?

カメラを向けた瞬間に、インド人コックさんが2名に増えてVサインしてくれてましたぁ。

すばやい!

Cimg0301

そうなんです。「onsen食堂」名物は、北インド料理。

Cimg0309

ネパールの山の奥(ヒマラヤ)出身のシェラ・バードル・カトリさんの本格インドカレーと手造りナンがいただけるのです。

つまり。定山渓の奥座敷の秘湯は、ヒマラヤ~(?)だったのです!

と、いうわけで。豊平峡温泉のお約束。入浴後のインドカレー。いい汗でますよ~ん。

Cimg0312

温泉とスパイスで血行ダブル促進の「温泉セラピー」でした。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2006年5月20日 (土)

清らかなる秘湯温泉

ずっと行きたかった温泉がありました。

九州・大分 壁湯温泉 福元屋の天然洞窟温泉。

九重ICを出て10分ほどで行ける「秘湯」です。

渓谷を下っていくと、一軒宿「福元屋」の入り口があります。

Cimg0001 Cimg0038

川沿いの天然洞窟が露天風呂になっていて、えぐれた岩壁のすきまから、なんと、毎分1.7tもの温泉が湧き出ています。

Cimg0037

泉質は単純温泉。特徴は、39℃のややぬるめのお湯で、ゆっくりのんびり入る温泉です。成分ではナトリウムがやや多めでじんわり温まり、メタケイ酸含有でしっとり温泉美人系の温泉。

仙女が朝に身を清めて、日の出とともに昇天したという伝説も納得!ほんと、夜明け近くの洞窟風呂は幻想的なのでしょうねぇ~。

Cimg0014 Cimg0018_2

近くでお湯を見てみると、もう、息を呑むほど透明です。

透明で透明で、岩肌からこんこんと湧き出でる清らかな水は、まさに名水のよう。

入ってみると、なんというか、水が微粒子で密度が濃い~という感じ。ほどよい温かさのお湯に包まれて、眠ってしまう人も多いというのもわかります。

眼下には美しい渓流が望めるのですが、ず~っと昔は、川と温泉は同じ高さにあったのだそうです。温泉部分はせき止めたため、川だけが長い年月で流れに削られて、低くなったのだそう。ゆったりと流れる美しい川に、長~い時の流れを感じます。

Cimg0003

福元屋のご主人、岐部さん自らが切り出したお風呂もあります。

Cimg0039_2

Cimg0046_1

わかりますかぁ~?湯船にあしらったハートの石がロマンチック。

少しずつ違うお部屋は、それぞれ「マイお気に入り」があり、リピーターはお部屋指定で来る方も多いとか。

Cimg0045

ご主人自ら作る、こだわりのお米のごはんは、ぜひとも食べてみたい「香り米」です。

清らかな名水に入ってるような温泉、壁湯温泉。川の流れのようにゆっくりゆったりの秘湯セラピーです。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2006年5月15日 (月)

開湯1200年・肘折温泉

山形を南から北へ、8つの温泉郷をめぐってきました。

今年は春の訪れが遅く、一気に春がやってきた山形は、さくらんぼの花や桃の花、ラ・フランスの花が満開。

Cimg0209 Dscn8246

小野川、赤湯、蔵王、上山、赤倉、瀬見、銀山温泉をめぐり、たどりついたのは、まだまだ残雪の中の肘折温泉郷・・・・・。

Cimg0260_1

時はさかのぼり、807年7月14日。

道に迷った源翁が洞窟でお坊さまに出会い、道案内をしてもらったそうです。そのお坊さまは、地蔵菩薩さまで、100年前に崖から落ちて肘を折り、苦しくて苦しくてたまらなかった傷が、岩からしみでる温泉ですっかり治ったので、病気で苦しむ人々をこの温泉で救ってほしい。と、頼まれたのだそうです。

源翁は、その不思議な温泉を「肘折温泉」と名付けて開湯。以来、もうじき1200年、山深い豪雪の里に守り続けられている温泉なのです。

やっと春の兆しが・・・。川は雪解け水で大迫力。

Cimg0280

大迫力の川のほとりには、これまた、大迫力の源泉ドーム。

Cimg0281_1 Cimg0283

ごうごうと吹き上がる温泉が覗けます。

飲泉もできる肘折の名湯。炭酸水素系特有の苦味と鉄分を少し感じます。

Cimg0302 Cimg0293

源泉のすぐ横にはお地蔵さまが。

温泉神社のすぐ横には、共同湯「上の湯」があります。中のお風呂は街の人や湯治の人で大賑わい。湯船にはお地蔵様がいて、お願いをしながらお湯をおかけします。

Cimg0275_1

そのまん前にある、お宿「丸屋」に泊まりました。

Cimg0313

到着を迎えてくれたのは、若女将さん。すぐに館内を案内してくださいます。

玄関のすぐ横、「ここは、貸切混浴風呂でございます。」

すごく、風情のある、素敵なお風呂。しかも、ここだけ「上の湯」と同じ源泉なんですって。

お地蔵様の骨折を治した、傷の湯ですよぉ~。

泉質は、ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩泉、PH6.8、総成分量3064、75.6℃の高温泉です。つまり、炭酸水素塩泉のクレンジング作用で角質をおとし、なおかつ塩化物成分で保湿パックするという美肌系、そして、寒い時でも炭酸水素成分が血行促進してくれて、ほかほかと温まる温泉なのです。

リチウム成分も少しあるので、気持ちをちょっとポジティブにしてくれる効果も期待できます。

Cimg0267_1

「す、て、き~♪♪」と、思って、ふと、考える。。。「貸切混浴風呂・・・」

Cimg0315

「混浴」限定~?!

すみませ~ん。「混浴風呂」ですが、独りで入っちゃいましたぁ~。

一気に春がやってきた肘折温泉郷は、フレッシュでパワフルな山菜の宝石箱。

Cimg0320 Cimg0327

幸せな夕食は、一の膳も、二の膳も、ここでしか味わえない山菜づくし。

雪に耐え、春の大地から芽吹いたばかりの山菜たちは、ものすごくパワフル。大地のエネルギーをそのまま、まるごといただく感じです。

内湯の源泉も熱たまりの湯。残雪の里の夜も、温泉でぽかぽか。

Dscn8389

湯治宿の夜は、静かに静かに更けてゆきます。

ぐっすり眠った翌朝は、早起き~!!わぉ~!

肘折名物、朝市へくりだします。

Cimg0335 Cimg0337

朝採りの新鮮な山菜たちが、元気よくならびます。

採れたてだからこそ、皮をむいただけで、生で食べられる笹竹の竹の子。なんという、贅沢。なんという、幸せ!いっただきま~す。

Cimg0355

温泉満喫~!春万歳~!の山菜セラピー、じゃなかった、温泉セラピー山形・肘折温泉郷でした。

今度はキノコかな~♪

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »