« 箱根あじさい電車 | トップページ | 熱海の夜景を独り占め »

2006年6月23日 (金)

天然湯滝の野天風呂

宮城県・鳴子温泉郷のひとつ。鬼首温泉。

鬼首温泉をどんどん登っていくと、地獄谷遊歩道へたどりつきます。

Cimg0234

川沿いの遊歩道を歩いていくと、そこここから、蒸気が噴き出ています。

Cimg02312

うわ~、すごいです~。

Cimg02322

吹き上がる温泉の蒸気が上空から降り注いできますよ~。

天然の温泉シャワー??(熱いので注意・・・)

そして、この「吹き上がる温泉」のすぐ下にあるのが、「吹上温泉」一軒宿、峯雲閣です。

泉質は、ナトリウム塩化物泉、とってもとっても温まる、まさに「熱の湯」です。

源泉温度が98℃と高いのですが、熱交換でさましながらそれを加水せずにダイレクトに入れています。その温泉の熱の恩恵は、冬期は、峯雲閣全館を床暖房としてめぐるなど、お宿のご主人や若旦那さんが工夫して活用していらっしゃいます。

Cimg0218

のどかな内湯の向うに露天風呂、そして滝が見えま~す。

と、思うでしょ? それが、さらなるサプライズ。

どうですか!コレも温泉です!!

Cimg0220

これぞ、吹上温泉・峯雲閣のワイルド・湯滝の野天風呂です。

アップの写真。わかりますか?滝の上に源泉です!

Cimg0114

ここは、噴き出る98℃の源泉と川の水が混ざり合って、ちょうどいい温度で入れるのは、5月下旬から10月ごろまで。しかも、雨で水かさが多い時は入れない事もあり、まさに、自然そのもののワイルドな温泉なのです。

そろそろ、蛍も飛ぶころです。

山のワイルドな温泉セラピー♪。

アドヴェンチャー満載でアドレナリンも噴出~。元気でますよ~。

|

« 箱根あじさい電車 | トップページ | 熱海の夜景を独り占め »

コメント

この吹上温泉も行ってみたい温泉でした。
少し前の「旅の手帳」で見て、興味がありました。
次々と私の気になっている温泉をご紹介くださり、ありがとうございます。

投稿: みわひめこ | 2006年6月25日 (日) 21時05分

みわひめこさん、こんばんは。

鳴子温泉郷は、温泉が好きな人には、もう、たまらない「温泉びっくり箱」みたいな場所です。
この鬼首温泉のほかに、鳴子温泉、東鳴子温泉、中山平温泉、川渡温泉と全部で5つの温泉地域があり、それぞれ、違った趣があります。
さらに、入ってびっくりの感動の温泉がいっぱい。同じ温泉地で、隣同士のお宿でも、まったく泉質が違ったりするのです。
ぜひ、ぜひ、いらしてみてくださいませ。

投稿: 温泉セラピー | 2006年6月25日 (日) 23時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/149491/10656358

この記事へのトラックバック一覧です: 天然湯滝の野天風呂:

« 箱根あじさい電車 | トップページ | 熱海の夜景を独り占め »