« 秘湯アドベンチャーのはじまり | トップページ | 温泉ソムリエの秘密 »

2006年6月10日 (土)

ワイルド&うっとりの秘湯セラピ~

うわ~。ここ、どこでしょう?

Cimg0724

中に入ると・・・・。た、隊長~。向うに何か見えます~。

Cimg0731

そこは、駅でした。

Cimg0735 Cimg0738_1

Cimg0728

そう。みなさんお馴染みの「峠の力餅」の峠駅。

今でも、峠駅で立ち売りしてるんですって!

「峠の力餅」は、一口大のかわいい大福餅。砂糖未使用で、ヘルシーにエネルギーチャージできる逸品です。

温泉めぐりの休憩にぴったり♪で、パクパク。あまりの美味しさに、写真を撮らずに食べてしまいましたぁ~。すみませ~ん。

ここ、新幹線も通過するんですよ。福島と米沢の間。じ~っと窓の外を見ていてくださいませ。

と、いうわけで、この、峠駅近くに米沢十湯の3つがあります。

さてさて、いよいよ、温泉アドベンチャーのはじまりです。

Cimg0712

雪のない今の季節からオープンする、笠松旅館。

060601 Cimg0705

うわ~い。すっごい宝物、発見しましたぁ~。温泉分析表、昭和25年!

25℃の低温泉ながら、Ph7.5の単純泉(微弱アルカリ反応を呈する、と記載されておりました)

半世紀を経た今の泉質はどうなっているのか?は、番犬のポチのみぞ知る~ですが、ヤマメやイワナがたくさん釣れる、釣り人たちのオアシス・笠松温泉♪ですので、きれいなきれいなお水の宝庫なのであります~。

さて。もっと、山奥に入ってまいります。

Cimg0762

滑川温泉の一軒宿、福島屋さんへ到達。

しかしながら、山の夕暮れは早い。ということで、本日は、そのまた、先へ・・・。

Cimg0755

だんだん、道が狭くなってきました。隊長~。もう、ガードレールがありましぇ~ん。

ついに、残雪もちらほら。

Cimg0765 Cimg0767

車が入れるのはここまで!あとは、徒歩です!!タオルとお水かついで、いざ。出発!

Cimg0768 Cimg0770

吊り橋を渡ると、ついに、目指す「姥湯温泉」が見えてきました~!!

Cimg0772

そして、米沢の秘湯、姥湯温泉・桝形屋さんの露天風呂はさらにその上にあります。

Cimg0787

やっと、やっと、出会えました。美しいお湯。姥湯温泉。

Cimg0788

ワイルドな山の岩肌がお湯に映って、なんとも美しい光景にうっとり。。。とろり~ん。

Cimg0791_1

泉質は、単純酸性硫黄泉。Ph2.5。デトックス系の温泉です。

しかも、姥湯温泉は、標高1250m。山形では最高地の温泉です。高地では、心拍数が上がり、温泉成分もそれだけたくさんめぐる。という訳です。

0033

この、姥湯温泉は、源泉直下。正真正銘、自然噴出の温泉です。

女性用の露天風呂の上は、混浴露天風呂。

0018

その上は、源泉の湯畑になっています。

0003

最後に夕陽に映える、姥湯温泉を撮影~。

Ubayunite_1

ワイルドだけど、美しい。強いけれど、癒される。そんな、秘湯・温泉セラピーでした。

|

« 秘湯アドベンチャーのはじまり | トップページ | 温泉ソムリエの秘密 »

コメント

行ってみたい温泉のひとつです。
ずっと気になっていました。
ただ、道路がちょいと不安ですが大丈夫そうですね。
お湯の温度はどうでしょうか。
北関東に住んでいるので、南東北で気になる温泉多数です。

投稿: みわひめこ | 2006年6月23日 (金) 09時47分

みわひめこさん、コメントありがとうございます。

山道の運転に慣れている人、車でないと、かなり不安な道を通ります。

ブログにも紹介した、奥羽本線「峠駅」まで、桝形屋さんに予約をすれば、ジープでお迎えにきてくれるそうです。ブログ本文にリンクをつけておきましたので、いらっしゃる時にはお問い合わせしてみてください。

また、興味のある温泉地など、ぜひお知らせくださいませ。

投稿: 温泉セラピー | 2006年6月23日 (金) 10時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/149491/10466577

この記事へのトラックバック一覧です: ワイルド&うっとりの秘湯セラピ~:

« 秘湯アドベンチャーのはじまり | トップページ | 温泉ソムリエの秘密 »