« 赤湯温泉♪湯めぐり散歩 | トップページ | 作並温泉でつるっつる♪ »

2006年8月 5日 (土)

温泉ビューティ

いや~。旅から旅へと、タッチ&ゴー。

いろんなところへ行ってきましたぁ~。

Cimg2446 Cimg2596 Cimg3019

もちろん。どこに行っても、やっぱりお風呂♪お風呂~❤

そのご報告は、おいおいさせていただくとして・・・。

今日はね。わたしが日ごろ研究をしている「温泉ビューティ」についてちょっとお話させてください。

プロフィールにも書いてありますが、わたし、長年、外資系化粧品会社などの海外ブランドで、マーケティングや広報のお仕事をしておりました。

温泉に出会い、「温泉できれいと健康を手に入れる!」というテーマで、このブログ「温泉セラピー」を書き始めました。

「温泉セラピー」の考え方は、「温泉」を通じて出会う全てが「セラピー」となり、「きれい」と「健康」につながっている。ということ。つまり、旅すること。素晴らしいお宿。美味しいお料理。自然。たくさんの人との出会い。全てが「温泉セラピー」というわけです。

温泉の研究を進めていく中で、やはり、これまでのわたしの経験から、「温泉」でどう「キレイ」になれるのか?「温泉」によって、キレイになり方の違いはあるのか?なぜ「温泉」にはいるとお肌つやつやになれるのか?なんで、女将さんはみんな美人なのか???などなど「温泉」と「美容」の関わりを研究してみたい。と、思うようになりました。

で、「温泉ビューティ」という新語を作り、わたしなりに温泉の美容効果について研究をしてくことにしたのです。

たとえば、温泉が「美肌」「ダイエット」「抗ストレス」「デトックス」「老化防止」などの美容分野にどのような効果をもたらすのか?そんなことを、わたしなりに、温泉と結びつけて研究しています。

たとえば「美肌」。

「美人の湯」とか「美肌温泉」とかって、いろいろな温泉地で目にしますよね。

●でも、いったい、どう美人になるの?

●美肌ってどんな肌?

●美肌の湯って書いてあったけど、温泉に入ってしばらくしたら、なんだか肌がかさかさするんだけど、なぜ??

な~んて、思ったことありませんか?

そ~うなんです。温泉の選び方、入り方、湯めぐりの順番などで、美容効果はぜんぜん違ってくるのです!!!

わたしもね。温泉の研究をするまでは、美人温泉の入り方もよくわからず、間違った入り方とかしてたんですよね。(温泉の入り方とかはまた別の機会にお話しますネ。)

まず、そもそも、温泉にはどんな効果があるのか?⇒詳しくは以前の記事をご参照ください。

そして、それぞれの温泉はどう違いがあるのか?

温泉成分の違い。その他に、pHの違いも影響します。

では、美人温泉とはどんな温泉なのでしょう?

これまで、「三大美人泉質」と呼ばれていた、美肌効果が高い泉質は「炭酸水素塩泉」「硫酸塩泉」「硫黄泉」です。さて、それは、いったい、なぜ、美人泉質なのでしょうか?

炭酸水素塩泉」は、肌表面をやわらかくして、古い角質や汚れを落としてくれるので、お肌がふっくらつるつるになる作用があります。

硫酸塩泉」は、お肌に潤いをもたらす化粧水のような作用があり、肌の弾力やハリも高めてくれるうれしい温泉です。

硫黄泉」は、硫黄の毛細血管拡張作用で、血行が良くなり、老廃物やメラニンの代謝も促進してくれるので、シミ・くすみ対策も期待できる、美白の湯ともいえます。

でも、他にも美人温泉はあります。

塩化物泉」も、塩分が肌表面に被膜をつくり、保温作用があると同時に水分も逃がさないという利点から、わたしは「保湿パック」温泉、そして冷え性対策のほかほか温泉として美人泉質に入れたいと思います。

そして、たとえ、泉質名は「単純泉」でも、pH8.5以上のアルカリ泉質であれば、せっけんのようなクレンジング作用があり、お肌スベスベになりますし、逆にpH3未満の酸性泉質であれば、収れん作用でお肌をしゃっきり引き締めてくれます。

そのように、美人をつくる温泉はさまざまなんです。

Very042 Very084 Cimg0043_2 Cimg0093Cimg0184 Cimg0099 Cimg1041 Cimg0115

へ~え。いろいろ違うんだ・・・、と、いうことは、なんとなく感じていただけましたか?

今日のところは、まずは「温泉ビューティ」への第1歩。ということで、次のことからはじめてくださいませ。

①まずは、自分がどう美人になりたいのか?という目的を整理しましょう。

お肌スベスベになりたいのか?しっとり保湿したいのか?美白したいのか?デトックスしたいのか?・・・などなど、目的によって行くべき温泉は違ってきます。

②温泉に入る前に、お風呂の入り口や脱衣所にかかげてある「温泉分析書」で、どんな泉質の温泉なのか確認しましょう。

「温泉分析書」には泉質名やph値(アルカリ性、中性、酸性など)が記載されています。

でも、みていただくとわかるように、たとえば、「カルシウム・ナトリウム-硫酸塩・塩化物泉」などという、長~い名前の泉質名も多いのです。つまり、ピュアモルトではなく、カクテル型というわけです。

そうなんです。ほとんどの温泉は単一成分ではありません。細かいデータの数値をみると、いろいろな成分が含まれていますよね。そう、まさに、美人成分がいっぱい♪で、温泉は、自然がくれた化粧品みたい!なのです。

温泉は、100湯100様。同じ温泉なんて無いのです。しかも、毎日生まれてくる自然のものだから、変わることもあるわけです。だからこそ、温泉は素晴らしくておもしろい~♪

というわけで、自分の目的にあった成分が入っているかどうか、温泉分析書でチェックしてみてください。

これには、プラセボ効果(←以前の記事を参照)という、うれしいオマケもありますよ。

③美肌のための入浴法の注意点を復習しましょう。

●ごしごし洗わない!

温泉に入るだけでお肌はピーリングされます。洗う時は手でやさしくなでる程度で充分美肌になれます。

●温泉を出たら速攻で保湿!

温泉で角質をとられたお肌は水分が蒸発しやすい状態です。ボディクリームなどで即、保湿ケアをすれば、効果倍増~。

④さあ、あとは、自分をどう、美人にしてくれるのか?

「温泉ビューティ」を存分に楽しんでくださいませ。

今回は、温泉ビューティ入門編ということで、ちょっとお話させていただきました。

|

« 赤湯温泉♪湯めぐり散歩 | トップページ | 作並温泉でつるっつる♪ »

コメント

石井先生、こんにちわ。
先日盛岡での講演におじゃました石山と申します。
今回のブログでは解りやすくポイントを整理していただき、前回の「復習」になりました。ありがとうございました。先生のお話で温泉関係者がみんな元気になっていくような気がします。温泉の「入りすぎ」に注意?なさってこれからますますご活躍ください。失礼しました。

投稿: 石山洋治 | 2006年8月 7日 (月) 19時20分

石山さん、うれしいコメントをありがとうございます!
先日はお忙しいところ、講演会にお越しいただきありがとうございました。
みなさんが大切に守っている、それぞれの「温泉」が持つ魅力や可能性を少しでも多くの方にお伝えする。そんなお手伝いができたらうれしいです。
これからも、どうぞよろしくお願いいたします。

投稿: 温泉セラピー | 2006年8月 8日 (火) 09時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/149491/11285085

この記事へのトラックバック一覧です: 温泉ビューティ:

» ダイエット ブログ [mixiダイエットリンク集]
おすすめダイエットブログやmixiで公開されているダイエット情報を集めたリンク集です。 [続きを読む]

受信: 2006年8月 6日 (日) 15時09分

» マーケティングアシストFirstBrain [マーケティングアシストFirstBrain]
貴社の立場に立った親身の個別相談・ご提案から始まり、継続的で有機的なウェブ戦略をお手伝い。画一的な自動登録を排除し、より個別的で有機的なSEOを目指す [続きを読む]

受信: 2006年8月 6日 (日) 16時09分

» デトックスダイエット [健康情報.com]
デトックスダイエットとは、体の中に含まれる有害物質を体外に排出し、解毒することによって体内の環境を整え、体の代謝を高め痩身効果を得ようというものです。 ダイエットいうと体に良いものを摂取すると考えがちですが、デトックスダイエットは体のなかの有害物質を取り除き解毒するという考えです。 ... [続きを読む]

受信: 2006年8月13日 (日) 16時42分

» ダイエット ブログ・日記 リンク集 [ダイエット ブログ・日記 リンク集]
ダイエットに関してのブログ・日記を集めたリンク集です!ダイエット方法なども紹介しています、あなたにピッタリのダイエットがここにある!! [続きを読む]

受信: 2006年8月20日 (日) 23時26分

» 美肌 美容 [美容]
美肌 美容の為の情報が満載です!あなたも美容・健康に心がけて誠の美肌を作りましょう! [続きを読む]

受信: 2006年8月27日 (日) 09時10分

« 赤湯温泉♪湯めぐり散歩 | トップページ | 作並温泉でつるっつる♪ »