« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

2007年10月30日 (火)

湯ケ島温泉

湯ケ島温泉

中伊豆・湯ケ島温泉の話題の宿、アルカナ イズにきております。

湯ケ島温泉

山深い渓流を臨む、お部屋の露天風呂。川の水音がすごい迫力で、想像以上にダイナミックな温泉です。

湯ケ島温泉

美肌の名湯、湯ケ島温泉は、カルシウム・ナトリウム−硫酸塩泉、さらりとした感触で、お肌しっとりの化粧水のような泉質です。

温泉で温まったら、お部屋でエステ、そして、待ちに待った美食の夜を迎えます。

湯ケ島温泉

総料理長の武井シェフが生み出す、ドラマティックなフレンチに大興奮!
この食を求めて通う人も多いというのが、よくわかります。

山からも川からも、食からも、パワーをもらえる、とてもとても、楽しい夜でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月27日 (土)

有馬温泉

有馬温泉・御所坊です。

有馬温泉

御所坊源泉は金泉。

有馬温泉

塩分、鉄分豊富な有馬の湯で、パワーチャージです♪

旬重で、美味し〜い夕食、ゆっくり源泉100%の温泉に入って、元気復活!

有馬温泉

バーでシニアソムリエの大槻さんとワイン話で盛り上がって、さらに幸せな気分。満月は見えなかったけど、いい夜でした。
おやすみなさい(-_-)zzz

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年10月25日 (木)

京都・亀岡湯の花温泉

京都の湯の花温泉にきています。

京都・亀岡湯の花温泉

ここの温泉は放射能泉、ラジウムを含む温泉です。

ラジウム泉はフレッシュさが命!源泉かけ流しのお部屋の露天風呂でゆっくりとあたたまってみました。

優しそうにみえる温泉の秘めたるパワーはすごくて、体の芯までぽっかぽかになる温泉でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月23日 (火)

うなぎ湯

宮城県・鳴子温泉です。
東鳴子温泉と川渡温泉の間にある、農家レストラン土風里(どっぷり)でランチです。

うなぎ湯

完全予約制で、その日の朝、野菜をとるところから準備をして作ってくれる、大地の恵みが満載のパワーランチなんです。
10皿のおかずは、全部お母さんのオリジナルレシピ、野菜の香りが生き生きしています。

久しぶりに、鳴子温泉のゆさやに立ち寄らせていただきました。
ここは、元祖うなぎ湯の宿、ぬるぬるでトロトロのまるで美容液のような温泉なんです。

うなぎ湯

泉質は、含硫黄−ナトリウム・硫酸塩泉、超高温のアルカリ性の温泉でエメラルドグリーンの透明な温泉は、日によってにごり湯になることもあります。
この温泉はともかく、入ってみてビックリの感触が特徴、ぬるぬるトロトロすべすべつるつる…もうまっすぐ座っていられないほどのとろみなんです〜。
楽しいだけでなく、美白とアンチエイジングがダブルで期待できる泉質は、まさに美容液、うれしい温泉ビューティな1日でした。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007年10月21日 (日)

湯川温泉・高繁旅館

北上で乗り換えて50分、ほっとゆだ駅に到着です。
この駅は温泉もあるんですよ。

湯川温泉・高繁旅館

今夜のお宿は、湯川温泉・高繁旅館、紅葉が少しずつ始まっています♪

湯川温泉・高繁旅館

ここの温泉は、古くからの湯治法や温泉をフル活用した療養が体験できます。

湯川温泉・高繁旅館

たとえば、内湯に隣接して、源泉蒸し風呂、つまり温泉のミストサウナがあったり、露天風呂の横には、なんと!箱蒸し風呂です。紅葉の渓谷を眺めながら、箱蒸し風呂で温泉療養なんて、超〜贅沢なロケーションです。

湯川温泉・高繁旅館

はぁ〜。
ぬるめになっている露天風呂からは、秋色に染まる景色がたっぷり。幸せな温泉です。

泉質は、ナトリウム−塩化物・硫酸塩泉、弱アルカリ性でちょっととろりとするまろやか〜な肌触り。化粧水のような美肌泉質で、しっとりホカホカの温泉です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

岩手へ…

岩手へ…

今日はこれから岩手です。

稲刈りの後、一面黄金色だった田んぼがどうなるか、最近知りました。

なんと、一面緑色!青々とした田んぼがあちこちに出現するのです。えっ?!まさか田植え?と驚いてよく見ると、刈り取られた稲から、新しい青葉がふさふさとでています。

この青葉は、すぐに枯れてしまうそうですが、刈り取られてもなお発芽するパワフルなお米の生命力に感動する、短い秋の風景です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月16日 (火)

箱根

箱根

今日は箱根で温泉取材です。

箱根

紅葉はまだ…。
でも、今年は急に寒くなってきたので、一気に色づくのでは、ということでした。

いい季節になりました。
はやく撮影を終えて、にごり湯の温泉に入りたいです〜。

P1040810111

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月10日 (水)

湯ノ花温泉

奥会津の湯ノ花温泉は共同湯がいっぱい。

湯の花温泉

橋を渡ると川沿いに見えてきたのは、石湯。

湯の花温泉

入口に大きな鍵のついた缶があって、ここに200円入れて入ります。

湯の花温泉

大きな石の下に温泉の湯船。石の神様が奉られています。だから石湯なんですね〜。

大きな石を包むように湯小屋が作られていて、とてもインパクトある共同湯です。

熱湯で深めの湯船、川の音を聞きながら、1日の疲れを流す…。そんな温泉でした。

湯の花温泉

もうひとつは、別の橋のすぐ横の天神湯。

湯の花温泉

ガラガラと開けると、風情ある湯船が2つ。大きな方が熱い湯で小さいのがぬる湯、、おそらく源泉をゆっくりとさましている湯船なのでしょうか?ほどよくブレンドされて源泉100%の状態で湯船のいい温度を保っているようです。これをうまく活用すれば、熱い温泉であたたまって、冷たい温泉をかける、そんな温冷交互浴ができるんですね〜。何かここならではの入浴法があるのかもしれないので、今度はぜひ、この温泉を守っている方々のお話をお聞きしてみたいです・・・。

湯の花温泉

他にも、男女別になっている弘法大師さまのお湯「「弘法湯」もあって、それぞれありがたい恵みの温泉が歩いて湯巡りができます。
そういえば、湯の花温泉とか大塩温泉とかという名前、各地で見かけますね。ここ奥会津にもあるんですよ。
隆起してできた山が雪に削られてできた独特の地形から生まれる温泉は、ミネラルが豊富。
大地のパワーをいただける温泉ビューティでした。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年10月 8日 (月)

小栗山温泉

じゃ〜ん!
畑の真ん中に源泉がでています〜。

P1040510hatakenogennsen

福島県の奥会津にきております。

本日の感動温泉は、小栗山温泉の温泉民宿・文伍の温泉。

小栗山温泉

秘湯の一軒宿のような内湯と露天風呂は、見た瞬間に名湯の予感。

小栗山温泉

泉質は、ナトリウム−炭酸水素塩・塩化物・硫酸塩泉。濃い重曹成分を含有し、ヌルヌルですべすべの正統派美肌湯の感触、さらに、潤い成分もあわせもつ泉質で湯あがりはお手入れいらずのマルチビューティ温泉!まさに逸品です。

小栗山温泉

豪雪が生み出す独特な地形が、豊かなブナの森を作り出し、じっくり山の大地が育んだ水が温泉となってかえってくる。

奥会津の温泉の奥深い魅力をさらに探求すべく、明日は、ブナの森に潜入しま〜す!

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2007年10月 6日 (土)

熱海養生法

熱海温泉です。

P104043011

熱海の温泉で健康になろうということで推進している「熱海養生法」を体験しに「あたみマリンスパ」へ行ってきました。

血圧・脈拍の測定と体組成測定を行ってヘルスチェック。まずは、自分の体が今どのような状態かを確認します。身体の脂肪や筋肉の量などが部位によって確認することができ、自分が平均値に比べてどうなのかということがわかります。

きゃ~、しまった・・・。というのは、その前に、せっかくの熱海温泉なのでということで、熱海銀座商店街の老舗干物店「釜鶴干物店」が経営する「釜つる」へ寄ってしまったのです。

P1040424444 ←秘密っぽい入口です~

P1040428222

↑これが干物と鰺のたたきの定食。

P1040426333

↑これは、五代目丼(鰺干物丼、鰺たたき丼、桜海老丼のセット)。

どれにしようか、悩みましたが、やっぱり、名物の干物の焼きたてが食べたい~、ということで、わたしは鰺干物+鰺たたき定食。ここのカウンターには、干物を美味しく焼くためだけに作られた専用の焼き台があって、旨味がぎゅーっとつまったパリっとジューシーな絶品干物がいただけるのです。

で、おなかいっぱい食べてしまったばかりだったのです・・・。しかしながら、鰺づくしがヘルシーだった+温泉旅暮らしが良かったのか、測定結果は良好♪ほぼ標準ということでございました・・・。よかったよかった。

さて、いよいよ、熱海養生法体験コーススタート。

まずは、座学でイスに座ったままでできる簡単エクササイズ。

その後は、健康温浴施設(水着の温泉施設)に移動して、温泉の中でやる養生法(ストレッチ運動+つぼ指圧)です。すっかり体がほぐれて、全身の流れがよくなりました。

最後は、Watsu。熱海養生法では、ウオーターリラクゼーションと呼んでいます。

Watsu(ワッツ)というのは、日本で指圧を学んだ方がアメリカ人ハロルド・ダール氏が生み出した水の中のリラクゼーション指圧。水(water)と指圧(shiatsu)を組み合わせた造語です。ハワイやアメリカ、ヨーロッパでは盛んに取り入れられているセラピー法で、日本でも少しずつ広まってきているんです。

ハワイのマウイ島のハナ・マウイリゾートでWatsuのセラピーをしてくれるんだけど、今年こそ、今年こそとずっと前から受けてみたいと思っていたので、とってもうれしい!

上を向いて水の上にぷかぷかと浮いている状態で、セラピストがそれを支えながらゆっくりとしたリズムで動かしたりストレッチをしてくれる“究極の脱力”セラピーです。

水の中にいる→空を飛んでいる→宇宙空間にいる→最後は“無”になる・・・といった感じでしょうか。もう、ずっ~とこのままでいたいというくらい気持ちいい幸せな時間でした。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »