« 紅葉と雪 | トップページ | いい風呂 »

2007年11月21日 (水)

西山温泉・慶雲館

西山温泉・慶雲館

きゃ〜〜。
見てください!すごい勢いで噴き出しているのは、西山温泉・慶雲館の源泉です。
只今、ギネス申請中。毎分1630リットルの湧出量という大迫力の温泉です。

そんなわけで、全館の温泉の湯船はもちろんのこと、給湯までもが全て源泉かけ流しなのです。

西山温泉・慶雲館

泉質は、ナトリウム・カルシウム−硫酸塩・塩化物泉、アルカリ性でツルツル、すべすべの感触です。
シャワーをひねれば、まるで化粧水のような美肌湯がでてくる〜♪という贅沢さ。あああ〜。このままうちに持って帰りたい〜。

P1060593111

髪の先から足の先まで、まるっとどっぷり温泉ビューティな1日でした。

|

« 紅葉と雪 | トップページ | いい風呂 »

コメント

この大噴射は温泉が出た時だけのものかと思えば、
デモンストレーション(?)なんですね。野口のおぃちゃん
が写ってるHPの写真をみたことがありますよ。

2週間ほど前には群馬はみなかみ町で硫酸塩泉塗れに
なってきたのですが、慶雲館の新源泉も良さそうですね。
無加水で頑張っているのかな。あんま書き込みしない
方がいいのかな。

投稿: 岡崎宏一郎 | 2007年11月22日 (木) 14時29分

岡崎さん、こんにちは。
いつもコメントありがとうございます!

旅から旅の毎日で、レスポンス遅くてすいません。

慶雲館は、無加水でがんばっておりました。

源泉を噴き出す光景は、お客様をお見送りする時のアトラクションみたいになっていて、みんなで大騒ぎになります!
今朝はお天気が良かったので、すばらしい「温泉の虹」が出てとてもキレイでした♪

投稿: 温泉セラピー | 2007年11月22日 (木) 19時58分

おお、加水ナシでしたか~。温泉の虹って初耳ですが(^^)、
いいものをご覧になりましたね~。下部温泉の新源泉も
いいようですし、あの辺りにまた行く楽しみが増えました。
ありがとうございます。

投稿: 岡崎宏一郎 | 2007年11月23日 (金) 23時14分

ほんとあちこちと飛び回っておられますよね。

温泉セラピーさんはすでにご存知かも知れませんが、在りし日の豊川温泉はメタ珪酸が1118.9mg/kgだったそうですね。島根の大谷温泉のことだとすると、訪問時はなんてことのない温泉でした。但し、年に何回かパンチの効いた温泉が湧き出ることがあるそうで、その時の源泉を飲ませてもらいましたが、なるほどpHにして2台の、酸っぱ渋い強力な酸性明礬泉(?)でした。毒沢温泉を連想しました。

投稿: 岡崎宏一郎 | 2007年11月26日 (月) 10時36分

へー、すごいですね。
メタけい酸含有量の多い温泉データを集めているので、
ぜひ、温泉分析書のコピーを入手したいです~。

投稿: 温泉セラピー | 2007年11月27日 (火) 00時06分

温泉セラピーさん、こんにちは。

いまですね大谷温泉に問合せてみたら、豊川温泉とはやはりかじか荘のことだそうです。

分析書のコピーをファックスでもしてもらえないかお願いしてみたら、「いま担当の者が居りませんので」もっかい電話してみてくれ、とのお返事でした。

成分分析のデータは、利用源泉のそれなら郡司勇さん、書物にみるそれなら甘露寺泰雄さんに問合せれば、一発で分かると思いますけどね~。あまりに容易くデータが入手出来るのは温泉セラピーさんの主義(?)に反することなのかなぁ。

投稿: 岡崎宏一郎 | 2007年11月28日 (水) 17時46分

情報ありがとうございます。

今でもメタケイ酸がすごい数値なのでしょうか。
チャンスを見つけて、入りに行ってみたいと思います。

投稿: 温泉セラピー | 2007年12月 5日 (水) 21時14分

現在はすごくないと思われます。ただ、メタ珪酸と酸性泉は
相性がいいのかいざ知らず、年に数回湧くというパンチの
効いた温泉は強力でした。分析書のコピーはまぁだ届かない。

投稿: 岡崎宏一郎 | 2007年12月17日 (月) 12時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 西山温泉・慶雲館:

« 紅葉と雪 | トップページ | いい風呂 »