« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

2007年12月26日 (水)

弾丸湯めぐりビューティ

さてさて、温泉王国・山形の庄内までのぼってきましたので、足をのばして湯めぐりです。

まずは、“いい湯”の湯治場として、傷やけがにいいというスポーツ選手にも評判の「筍沢温泉」へ。

Takenoko

P1070588noren

ここは、古くからある鉱泉で、源泉温度は12.2℃、それを42℃に加温して入浴します。

P1070582takefuro_2

総成分256.9mgでマイルドな単純冷鉱泉ですが、硫化水素系硫黄成分を1.1mg含有、メタケイ酸も91.1mgあり、まろやかな肌あたり、ナトリウムや微量の炭酸成分も含有していて、なるほど、あたたまってゆっくりとリハビリしていく温泉療養にぴったりの泉質なのだと納得します。

P1070579heya

ここは、入浴のみの立ち寄りは受け付けておらず、お部屋に余裕があるときのみ、「日帰り会席」(3,465円)という形で立ち寄れます。休憩用のお部屋と昼食が入浴とセットになっているのですが・・・・。

P1070590hirugohan

お料理がすごい!お昼ごはんなのに立派な“鯛のお頭付き”です!山菜やお野菜も豊富、日本海も近いのでお造りもたっぷり、ごはんもピカピカの新米で超~美味しい。よ~くみると究極のバランス食なんです。お腹すくかな~なんて言っていたのに、一口食べたらあまりの美味しさにどんどんすすんでしまいました。そして、デザートは包んで持ち帰り、後の湯めぐりのおやつにしたのですが、それも手作り、お芋とずんだのきんとん、甘さほんのりの絶品でした。

これって、特別?と思ったら、なんと、湯治滞在の宿泊者の昼食にも、もれなく鯛一匹のってましたよ。これなら、スポーツ選手も元気になりますね!

さて、ご馳走をいただいたら・・・・また“燃焼”です!!弾丸湯めぐりツアー続行~。

そうそう。この弾丸湯めぐりを思い立ち、まずは、どうやって筍沢温泉へたどりつこうかと試行錯誤をいたしました。そして、乗せていってくださったのは、湯田川ハイヤーの伊藤さん。

P1070595ito P1070593itosan_2

↑藤田まこと似のダンディな伊藤さん、実は温泉通~です。ありがとうございました~。

さて、清川駅でハイヤーをおり、陸羽西線に乗って新庄へ・・・。鉄子の湯めぐりはローカル線大活躍です。

P1070596eki

新庄まできたら、なんといっても「肘折温泉」に入りたい~。

と、いうわけで、やってきました肘折温泉。

まずは、“洞窟の湯”と書いて“あなゆ”と読む、松屋さんの秘湯へ。残念ながら、この日は月に一度の源泉メンテナンス日、入浴はできませんでしたが、中を見せていただきました。そうなんです。肘折の温泉はとっても濃いので、毎月メンテナンスをしないとスケールがいっぱいになってしまうんです。

P1070616anairiguchi

未知との遭遇・・・いざ、あな湯へ!長い長いトンネルは手堀りです。

P1070614doukutu

洞窟の中は温泉ミストがたちこめて、とっても癒される感じ。この洞窟の湯の奥は、上の湯共同浴場です。

P1070601anayu

自然湧出の源泉のすぐ横に湯船があり、泉質は、ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩泉、二酸化炭素含有量も豊富です。今回は、手のみの入浴でしたので、次回の楽しみにいたします~。

大好きなお宿のひとつ、丸屋旅館さんへ立ち寄って入浴。

P1070598maruya

ここのお湯は、泉質名は同じ、ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩泉ですが、総成分3064mg、塩分&ミネラル濃いめで、ガツンとインパクトのある濃厚あたたまり湯なんです。

 2007122613110000

そしてそして、入ってみたかった温泉が、「つたや肘折ホテル」の湯治用本館のお風呂。このお宿は、さきほどの松屋さんと共同の自墳源泉を持っていて、肘折の中でもちょっと特別の温泉が体験できます。つたや肘折ホテルでは、この自家源泉の他に、共同源泉や上の湯源泉などを引き湯しています。「宝湯」と呼ばれる浴場は、入口別々・温泉でこんにちはスタイルの混浴、湯船が2つあって、それぞれ違う温泉のブレンドになっているのです!

P1070634hiji

左側は、濃いめ源泉系ブレンドの湯船、肌ざわりもこっくりしていて、しっとり濃厚あたたまり系温泉。

P1070635hiji2

右の龍神さまがいる湯船は、自噴源泉を中心にした温泉で、さらりとした肌あたりのじんわり温まる癒し系温泉でした。

なんだか、包み込まれるような癒し湯で、心身浄化されるようなお湯、一年がんばった頭とカラダへのご褒美という感じでした。

さて。最後にもうひと頑張り。「羽根沢温泉」で本日の仕上げ湯です。

P1070645iriguchidesu

日も暮れて、共同浴場はおしまい。「加登屋旅館」で入浴させていただきました。

P1070639hanezawa

この羽根沢温泉は、ヌルヌル度を通り越して、「にゅるにゅる」とか「ヌメ~」とするとか表現されている、とても珍しい感触の温泉なんです。

まずは、温泉分析書へ突進!!泉質は、ナトリウム-炭酸水素塩・塩化物泉、pHは8.4で思ったほどの高アルカリではありませんでした。とすると、何でそんなに“にゅるにゅる”なのか???

な、なんと、ナトリウムイオン1204mg・炭酸水素イオン1636mg、つまり重曹成分が2840mgもあります。総成分3843mgに対して、74%程が重曹なんですね。

そんなわけで、ここは、スーパークレンジング湯、お肌の古い角質や汚れ、ざらざらを落としてくれて、すべすべピカピカになれる美肌湯だったのです。

きゃ~。にゅるにゅる~。なんじゃこりゃ~?の感触です~。

湯口にいくと、硫化水素の香り、味も硫化水素入りの塩化物泉にあるような、美味しい昆布茶系のお味です。そうなんです、硫化水素イオンも1.9mgと豊富なんです。

お宿のご主人加藤さんにお話をうかがってみると、羽根沢温泉は石油の試掘削中に湧出した間欠泉だそうで、温泉分析にでてこない、有機物も豊富に入っているのではないか?ということで、この独特のにゅるにゅる感がでるのでは?といわれているようです。

にゅるにゅる、すべすべの温泉で、今回の“おもしろすぎる”弾丸温泉ビューティ”はフィナーレ。

お肌ぴっかぴか。湯あがりには、足のスネにもそして、ほっぺたにも電球が映っておりました・・・。あはっ。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2007年12月25日 (火)

湯田川温泉・湯どの庵

山形県・湯田川温泉・湯どの庵です。

湯田川温泉は、1300年の歴史ある温泉地、湯宿が並ぶしっとりとした温泉街がいい風情です。

P1070575iriguchi_2

まずは、建物にみとれてしまいました。

2007122623180000

玄関を入るとすっきりとしたロビーと美しい雪つりの中庭が見えてきます。

P1070534in_2

ラウンジで、ハーブティーをいただきながら、チェックイン。この後は、お宿の人は立ち入りません。

2007122414230001

お部屋はシンプル。高床にマットの和ベッドとチェア、デスク、バスルームといったホテル風のモダンな造り。

さっそく、浴衣に着替えたら、このお宿の名前通りの“湯どの”に向かいます。

お風呂は2か所、木造りと石造りの大浴場が時間別に男女入れ替えです。隠れ宿の小さな湯宿イメージに対して、驚くほど贅沢な大浴場。高い天井に太い木の梁が荘厳な雰囲気です。

P1070544kinofuro_2

P1070541ishinoyu

外に出ると露天風呂が・・・。歌舞伎の花道のような渡り廊下の先に湯船。夜の間接照明がとても美しかったです。

P1070564roten P1070565roten2

お食事は、本館の2階の食事処で。

和洋折衷のオリジナル懐石。有機栽培のニンジンスープ、新鮮な日本海の幸をゆずみそをつけていただくお造りは絶品!最後が“ウニごはん”と寒鱈のドンガラ汁と予告を聞いていたので、その分お腹をとっておいて、しっかりといただきました~。

P1070552111 P1070551111_2

P1070553000 P1070557000

湯田川温泉に行ったら、なんといっても、外湯に入りたい!

湯どの庵のすぐ前には、源泉のある共同湯「正面湯」があります。お宿で、カギを貸してくれますので、それを持ってさっそく外湯めぐり・・・。

P1070539kagi

「正面湯」は、街中の人気の湯。地元のみなさんでいっぱいです!いっしょに入った地元のおかあさんと“おとうさん話”で盛り上がりすっかり話しこんでしまいました。とっても素敵なおとうさんなんですね~♪心もホカホカになりました。

P1070522syoumen

夜はもう1つの外湯「田の湯」へ行きました。こちらは、小さな路地裏にひっそりとあり、小じんまりした湯船に、じゃーじゃーと源泉がそそがれていて贅沢な感じ。深めの湯船でゆっくりと温まることができました。

P1070561kyodo

湯田川温泉の泉質は、ナトリウム・カルシウム-硫酸塩泉、pH8.4弱アルカリ性。さらりとした化粧水のような温泉です。

共同源泉は正面湯のところにあり、源泉温度42.6℃なので、加水加温なしでそのままザーザーと注がれ、全国屈指の源泉注入率という、なんともゴージャスな外湯なのです。

地元の方の言葉にも慣れてきたころには、心もカラダもぽっかぽか。ぐっすり眠れるあたたかな温泉でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月24日 (月)

鉄子の温泉旅

鷹の巣温泉を後にして、山形へ向かいます。

あこがれの列車「きらきらうえつ」。

“鉄子”の温泉旅の始まりです。

P1070512kirakira

みて、この車体。カラフルで楽しい♪

中には、庄内地域の観光ショールームやカフェの車両もありました。

P1070513kira2

車窓からは、冬の日本海!

P1070521kiramado

あっという間に鶴岡に到着です。

今夜のお宿、湯田川温泉・湯どの庵に向かいま~す。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

温泉のメリークリスマス

みなさま。
メリークリスマスでございます。

温泉のメリークリスマス

鷹の巣館の夕食は、クリスマス懐石。
イチゴを浮かべたシャンパンとクリスマスの雪つり付きの八寸、さわらの焼き物には、フレッシュフォアグラのソテーがのっておりました。

温泉のメリークリスマス

デザートはイチゴのサンタさん。極上の温泉に、極上のおもてなし…、あたたか〜い湯宿のクリスマスです。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2007年12月23日 (日)

鷹の巣温泉

鮭です〜!倉の前にぶらさがっております。

鷹の巣温泉

そうなんです!新潟県・鷹の巣温泉にきております♪

鷹の巣温泉
鷹の巣温泉

泉質はナトリウム-塩化物・硫酸塩泉、中性のやわらかな温泉です。ほっと包まれるような肌触り、まろやかな化粧水のようなお湯です。

つり橋を渡って行くロケーション、一軒家が点在する離れスタイルで、秘湯の宿というよりも、隠れ宿という感じ、とっても贅沢な時間が過ごせます。

お部屋には、源泉かけ流しの岩風呂と露天風呂。
そしてそして、なんと!自分たちで好きなように湯量を調整できるバルブつき、プチ湯守体験もできるのです♪

鷹の巣温泉
鷹の巣温泉

川の景色を眺めながらのんびり〜。幸せな温泉ビューティ休日です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月17日 (月)

秋の宮温泉郷・鷹の湯

秋田県に移動して秋の宮温泉郷にきています。

鷹の湯温泉の露天風呂、やわらかなお湯が気持ちいい。

混浴露天のさらに上に女性専用の弁財天の湯があるなんて、さっすが小野小町さんの郷!このしっとり美肌の塩化物泉は、深草の少将さんからのプレゼントでしょうか…。

秋の宮温泉郷・鷹の湯 秋の宮温泉郷・鷹の湯

内湯の大浴場には、わたしの大好きな深湯もあります。無重力のようにふわふわとできてのでとてもリラックスできました。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

鳴子温泉&収穫祭

鳴子温泉郷の新しいお米、通称181が、今年初めての収穫をむかえました。

鳴子温泉&収穫祭つづき

ブランドネームは「ゆきむすび」に決定、ねばりのあるピカピカのお米で作った「おむすび」は最高!ぴったりの名前がつけられました。
この地域独特の「棒がけ」スタイルでゆっくりと天日干しされたお米はこくと甘味があります。

収穫を祝う感謝祭は鬼首温泉のホテルオニコウベで行われました。外は輝く雪景色。みんなでわいわい集まって温かな美味しい収穫祭でした。

お宿は、鳴子温泉・ねまりこの宿ますや。かけ流しの露天風呂からは鳴子温泉の街が一望、チラチラと雪の舞う露天風呂はスベスベの美肌湯。

鳴子温泉&収穫祭

泉質はナトリウム−硫酸塩・塩化物泉、アルカリ性でトロリとした感触です。
美肌成分メタケイ酸も270mgと、たっぷり!しっとり潤う化粧水のような温泉です。

昼は収穫祭、夜は女将さん達と温泉ビューティ談義で盛り上がり、パワー全開の鳴子温泉でございました〜♪

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年12月15日 (土)

温泉ビューティできました!!

20071215150700001_2

「温泉ビューティ」の著書が完成しました。
感無量…とてもうれしいです。

発行元の出版社、グリーンキャットさん。
著書のお話をいただいてから、一年かかってしまいました。初めての著書執筆にジタバタと苦闘するわたしを、いい本にしようよと、辛抱強く待ってくださり、心より感謝いたします。

そして、先行ご予約をしてくださった、たくさんの皆さま、大変お待たせいたしました。店頭発売に先駆けて、本日、サイン本を発送いたします。

お問い合わせや熱いご支援をいただきました皆さま、ありがとうございます。

全国の書店やインターネット書店で発売されます。

これからも、日々コツコツと温泉ビューティの研究を続け、さらにパワーアップできるようにがんばります。

どうぞよろしくお願いいたします。

⇒12月20日 amazon.co.jpにも「温泉ビューティ」のページができました!!

ここにも⇒ 楽天ブックス 紀伊国屋書店 本やタウン BK 1 ジュンク堂

*発売日すぐに完売で、在庫切れの書店続出ということで、ご心配をおかけいたしました。追加出荷しているということですので、どうぞよろしくお願いいたします。

| | コメント (11) | トラックバック (0)

2007年12月14日 (金)

なごり湯

なごり湯

由布院温泉の朝です。

朝もやの露天風呂の空気をぜひ、お伝えしたいです。

由布岳からの冷たい風もここちよく、"なごり湯"をして東京へ帰ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月13日 (木)

コバルトブルーの温泉

20071213124800001_3

わ〜。
まぶしいほどの色!コバルトブルーの温泉です。

大分県・由布院温泉の庄屋の館、憧れの大露天風呂です♪
自家源泉は90℃を越える高温、弱アルカリ性のナトリウム−塩化物・硫酸塩泉です。

さらに、大興奮の出来事が…!

わたしのライフワークとして探求中の美肌成分メタケイ酸が、驚きの510mg!!

ついに、ついに、記録更新です!

メタケイ酸は、温泉に含まれる潤い成分。お湯の肌触りをまろやかにして、トロリとしたしっとり湯にしてくれる温泉ビューティ注目の成分です。
また、この温泉の美しいコバルトブルーを作り出すもとともいえるのが、メタケイ酸に含まれるシリカという物質なのです。

はぁはぁ…。すっかり興奮してしまいました…。

著書「温泉ビューティ」の発行には間に合いませんでしたが、今日からは、わたしが遭遇した第1位のメタケイ酸数値として語りたいと思います。

お湯は、スベスベのトロトロ。このお湯の中に住み着いてしまいたいほどの、気持ち良さです。スーパービューティ温泉でバンザイして おやすみなさ〜い(^.^)(-.-)(__)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年12月 7日 (金)

招き猫のいる宿

見てください〜。眠りながらもしっかりと手招きポーズ!

「タン」は、渥美半島・角上楼の招き猫、別名、営業部長とも呼ばれている人気者です。

温温

ぬくぬくとした「タン」の姿を見ていると、温泉に入ったくらいに癒されてきます。

三河湾は天然とらふぐの宝庫。この角上楼は、極上のとらふぐをいただける美食の宿でもあります。

温温

天竜川の伏流水をくみ上げた自然水を沸かしたお湯は、さまざまな温泉をめぐる体をリセットするのにぴったり。⇒詳しくは、以前のブログ“温泉ソムリエの秘密”へ・・・

温温

朝ご飯もしあわせな隠れ宿です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年12月 5日 (水)

大丈夫?!

大丈夫?!

今日まで秋田でした。
わらび座で「小野小町」を観劇して、ツアー参加者全員、すっかり小町になりきってしまいました。

角館駅は線路がすっかり雪にうもれていて、こまちは大丈夫?!と心配になりましたが、無事に乗車し帰路についております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月 4日 (火)

秋田美人の秘密

秋田美人の秘密を探求する旅、二日目は小野小町生誕の地の探訪です。

小町堂を参拝して、小野小町伝説をうかがいました。

秋田美人の秘密

そして、小町の郷では、なんと、美人証明書なるものをいただいてしまいました!

秋田美人の秘密

今夜のお宿は、南郷温泉・共林荘。
地元の方々に絶賛されている温泉の泉質は、単純硫黄泉。硫黄成分とナトリウム−塩化物・炭酸水素塩泉の成分を含有、アルカリ性でつるつるすべすべする温泉です。

特徴はともかく、とっても温まること。体の芯まで温まるというのは、美肌のためにも大切なことなんです。

秋田美人の秘密

自家栽培の薬草を使った、お料理は、とびきりの美味しさ♪血液サラサラ作用も倍増です。

もう一度、さっと温泉につかって、早めに就寝しま〜す。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

雪・雪・雪

雪・雪・雪
雪・雪・雪

雪景色に見とれて、うっとりです。

秋田美人倶楽部主催の「秋田に行って美人になろうツアー」に、温泉講座の講師として同行しております。

昨夜は、乳頭温泉・妙の湯で温泉ビューティ。酸性の金の湯でお肌を引き締め、なめらかな銀の湯ですべすべに整えて、みなさんすっかりピカピカ美人になって出発です。

これから、秋田美人の郷・湯沢市へ向かい、稲庭うどん作りで〜す♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月 3日 (月)

雪の乳頭温泉・鶴の湯

久しぶりに、乳頭温泉・鶴の湯にやってきました。

雪の乳頭温泉・鶴の湯

雪の乳頭温泉・鶴の湯

下界とは別世界、雪景色になっていました。

雪の乳頭温泉・鶴の湯

お部屋には、真っ赤な長靴…。浴衣と長靴に着替えて、露天風呂へまっしぐら〜。

雪の乳頭温泉・鶴の湯

雪の乳頭温泉・鶴の湯

鶴の湯の混浴露天風呂の泉質は、含硫黄−ナトリウム−塩化物・炭酸水素塩泉、豊富な硫黄成分が血行を促進して、デトックス、美白。古い角質を落として、お肌すべすべにしてくれる美肌作用や、保湿など、美人カクテルの温泉なのです。
四つの源泉は、それぞれ微妙に、硫黄含有量やイオンバランス、PH値が異なりますが、中性〜弱アルカリ性のまろやかな癒し湯です。

雪が降っても、温泉入ればぽっかぽか。雪見温泉で極上の温泉ビューティで〜す♪

⇒「鶴の湯」内での湯めぐりレポートは以前のブログ“温泉ユートピア”

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月 1日 (土)

温泉横綱

温泉横綱

鳴子温泉にきています。

旅の手帖という雑誌の青春18キップで行く温泉番付で、鳴子温泉郷が、東の横綱に選ばれた祝賀会なんです。

シンポジウムのパネラーとして参加させていただき、みなさんと熱く、鳴子温泉郷と地域活性について語り合ってまいりました。

会場には、温泉関係者のみならず、商店の方やたくさんの地元の方が集まってくださりいました。
みんなで鳴子温泉郷を盛り上げていこうという熱気あふれる、気持ちのいい会でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »