« 大丈夫?! | トップページ | コバルトブルーの温泉 »

2007年12月 7日 (金)

招き猫のいる宿

見てください〜。眠りながらもしっかりと手招きポーズ!

「タン」は、渥美半島・角上楼の招き猫、別名、営業部長とも呼ばれている人気者です。

温温

ぬくぬくとした「タン」の姿を見ていると、温泉に入ったくらいに癒されてきます。

三河湾は天然とらふぐの宝庫。この角上楼は、極上のとらふぐをいただける美食の宿でもあります。

温温

天竜川の伏流水をくみ上げた自然水を沸かしたお湯は、さまざまな温泉をめぐる体をリセットするのにぴったり。⇒詳しくは、以前のブログ“温泉ソムリエの秘密”へ・・・

温温

朝ご飯もしあわせな隠れ宿です。

|

« 大丈夫?! | トップページ | コバルトブルーの温泉 »

コメント

こんにちはアグネスと申します。
先月、鹿児島の石原荘さんに泊まったのですが、宿泊前に新館情報
を探していてこちらを知りました。
少し前のタビエルさんのブログにもお名前が出ていて驚きました!
とても有名な方だったのですね。
こちらで温泉と美の関係についてじっくり勉強させていただきます。

ところで石原荘さんの招き猫、三毛猫の露風には会われましたか?
私の時は午後2時頃までは玄関近くの木の下でお昼寝していたのに
宿泊客の到着する3時頃にはちゃんと玄関先で待機していました。
ただ館内には立ち入らない主義のようで、その後は会えませんでした。

投稿: アグネス | 2007年12月12日 (水) 14時07分

アグネスさん、こんにちは。

いました!いました!石原荘さんの猫!
石蔵の外を撮影していた時に、優雅にお散歩しておりました。でもカメラを向けたらすーっといなくなってしまって、残念ながらブログに登場はできませんでした。

投稿: 温泉 | 2007年12月18日 (火) 22時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/149491/17298406

この記事へのトラックバック一覧です: 招き猫のいる宿:

« 大丈夫?! | トップページ | コバルトブルーの温泉 »