« 峩々温泉で… | トップページ | 雪の泥湯温泉 »

2008年2月27日 (水)

小安峡温泉

小町七湯のひとつ、秋田県・小安峡温泉にきております。

真っ白の雪をみていると、なんだか小野小町が遠くから歩いてきそう・・・。

お宿「元湯くらぶ」の露天風呂は大きくて深めの湯船と、その脇に、かわいい釜風呂。

小安峡温泉

釜風呂からは、こ~んな雪景色!

小安峡温泉

小安峡の温泉は、とっても源泉温度が高いのです。

「元湯くらぶ」では、お宿中に温泉をぐるぐる回して、床暖房にも活用、だから、外は雪がいっぱいでも、お宿の中はぽっかぽか、どこでも素足で歩けちゃいます。

そして温泉の温度をなるべく下げてから、お風呂に注ぎます。

泉質は、弱アルカリ性単純泉、主成分は、ナトリウム-塩化物・硫酸塩泉系の温泉で、クレンジング系美肌泉質、湯あがりのお肌はつるつるすべすべです。

雪見の露天風呂もすてきだったのですが、さらなる、技あり!の感動温泉体験が待っておりました。

貸切風呂は3つあって、内湯が「きはだの湯」と「ひのきの湯」あとは、広々岩の露天風呂があるそうですが、冬は2つの内湯のみ。

今回は、薬木としても有名な「きはだ」の湯に入りました。

ご覧ください↓↓↓

小安峡温泉

そうなんです!ここの貸切風呂は、貸切る人ごとに全て、お湯を取り換えてくれる、正真正銘の“マイ温泉”スタイル。

貸切風呂の鍵を開けて、準備OKとなったら脱衣所にある電話で「温泉おねがいしま~す」というと、なんと、なんと、このように源泉が勢いよく、じゃ~っと注がれるのでございます~。

2人でも余裕の大きくて深い湯船でも、たっぷりの源泉であっという間にたまります。

小安峡温泉

90℃近い温度の源泉をそのまま注ぎますので、山水の天然水を加水して調整。

う~ん、そのまま入りたいけど、さすがに、90℃は無理・・・、それでも、温泉&天然水で、大地の恵み100%~♪と納得しながら、入浴いたしました。

ぬるぬるすべすべ感はあるものの、「凛とした」という表現がぴったりの、きりっとすっきりした温泉。

我が道を、爽やかに生き抜いた、小野小町さんのような温泉でございました。

|

« 峩々温泉で… | トップページ | 雪の泥湯温泉 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/149491/40301690

この記事へのトラックバック一覧です: 小安峡温泉:

« 峩々温泉で… | トップページ | 雪の泥湯温泉 »