« 朝の湯布院温泉 | トップページ | 岳温泉 »

2008年3月 8日 (土)

ブラボー!七里田温泉

七里田温泉・下湯。

ブラボー!七里田温泉

ラムネ温泉とも呼ばれていて、日本では数少ない、二酸化炭素泉のひとつなんです。

ヌル湯と覚悟していたけど、けっこう温かい♪

ブラボー!七里田温泉

入るとすぐに、みるみる大量の泡がついてきて、全身が炭素ガスの泡に包まれてきます。
泉質は、含二酸化炭素−マグネシウム・ナトリウム・カルシウム−炭酸水素塩・硫酸塩泉、pH6.3中性、温度36.3℃の源泉をそのまま入れています。

ここのすごいところは、ともかく、とことんこの泉質の温泉を楽しむための造りになっているということ。
小さくて深めの湯船に大量のフレッシュ源泉が注入されています。その湯口も湯船の中と湯面のちょっと上の二ヶ所から…。
二酸化炭素ガスは揮発しやすい成分なので、源泉を注いですぐの状態で入れないと、この大量の泡プチプチは体感できないのです。

温泉分析書を見ると、炭酸ガス含有量の数値は1113mgですが、源泉の入れ方、使い方でこんなにもすごくなるのですね〜!

二酸化炭素泉は、血行を促進して、むくみや冷え性、便秘、くすみなどの対策に期待大のビューティ泉質。さらに、炭酸以外の温泉成分も優秀。豊富なミネラルをバランスよく配合し、お肌スベスベの炭酸水素塩泉としっとり潤い補給の硫酸塩泉のダブル美肌作用!と、ブラボー♪な温泉セラピーでございました。

|

« 朝の湯布院温泉 | トップページ | 岳温泉 »

コメント

憶えてますかー?七里田温泉で出会ったおばちゃん(せつこさん)です。七里田を載せちゃったのね=プンプン=まっお仕事だから仕方ないか!すぐにネットで;温泉ビューティ;頼みましたよ。昨日北海道より帰宅しました、届いてました明日から鹿児島ですので楽しみに持参しますね。今、宿をさがしているところです。北海道のウィンザーホテルからの景色は絶景!温泉というか風呂ロケーションもったいない感じ。
そうそう、松田さんてあの時名前が出てた気がするけど温泉教授の松田さんですか?でしたら、東山温泉の向瀧に行った時に格付ガイド購入しました。鹿児島は旅行人山壮ともう一度妙見の石原壮にしようと思っています。元気でご活躍を!  もう一つ、間違えてましたレトロな浴場は四万の積善館でした。 追伸 宏子さんてすごーい経歴の持ち主だったのねー!お話出来た事嬉しく思います。see you!

投稿: 藤 節子 | 2008年3月12日 (水) 15時58分

せつこさま~!!おかえりなさいませ~!コメントありがとうございます。とってもうれしいです!
「温泉セラピー」ブログにお立ち寄り湯いただきまして光栄でございます。七里田温泉では楽しい時間をすごさせていただき、ありがとうございました。すいません。あまりにも楽しかったので、ブログにちょっとだけ書いてしまいました。
鹿児島、その2つのチョイス、GOODですね~。妙見温泉の石原荘は、3本違う源泉に入れますよ。昨年10月に石蔵の新館がオープンしたのですが、なんと、そのうちの1本の源泉の上に建っていて、このお部屋についている露天風呂も、源泉から直接、湯船へ注いでいますので、ぜひ、お楽しみくださいませ。
また、せつこさまとご一緒できる日を夢見てがんばります。これからもどうぞよろしくお願いいたしま~す。

投稿: 温泉セラピー | 2008年3月14日 (金) 09時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/149491/40422306

この記事へのトラックバック一覧です: ブラボー!七里田温泉:

« 朝の湯布院温泉 | トップページ | 岳温泉 »