« 大自然との出会いに・・・ | トップページ | ドラマティックな湯宿のリニューアル »

2008年4月29日 (火)

アルカナイズ

きゃ〜♪日本の温泉に帰ってまいりました〜。

今日は、中伊豆の湯が島温泉・アルカナイズにきております。

アルカナイズ

忙しさに追われる都心から数時間でエスケープしたい、そんな時わたしは、真っ先にこのお宿のことがうかんできます。

そして、ここは、武井シェフの創り出す、すばらしいフレンチをいただけるお宿です。オープン直後から話題となり10ヶ月がたちました。

天城は原生林が残る山深い場所、野生動物もいるし意外にワイルドな場所なんです。山に入れば、パワフルな山菜やら、筍やら、様々な旬の食材に出会えるんですって。
また、伊豆半島は左右に相模湾と駿河湾があり、全く違う生態系の海の恵みにも出会える。
富士山麓にも近くて、こだわりの野菜や畜産物、乳製品もある…。

武井シェフはそんな、伊豆という立地のムッシュ生活をとことん楽しんでいらっしゃるご様子♪お話をしていると、いつも、とっても幸せな気持ちになります。

絶品お料理のご報告は、また、後で…。

まずは、恋しい恋しい温泉へ直行→です!

アルカナイズ

はぁ〜〜〜あ。し、あ、わ、せ。ここは、湯が島の共同源泉のお湯、歴史ある美肌の名湯を、お部屋のベランダでマイ露天風呂で楽しめるんです。

泉質は、カルシウム・ナトリウム―硫酸塩泉、お肌に潤いを運んでくれる化粧水のような温泉です。
上質なシルクのように肌にまとわりつく、硫酸塩泉独特の感触…、はぁ〜、これよこれ〜!ニッポンの温泉に帰ってまいりましたぁ〜という気がいたしました。

ワイルドな原生林の山肌が目前に迫り、清らかな水が豪快に流れる川音を聞くロケーション。体の中からエネルギーが湧いてくるような温泉です。

|

« 大自然との出会いに・・・ | トップページ | ドラマティックな湯宿のリニューアル »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/149491/41027482

この記事へのトラックバック一覧です: アルカナイズ:

« 大自然との出会いに・・・ | トップページ | ドラマティックな湯宿のリニューアル »