« 寒の地獄で美肌修行 | トップページ | 絶景〜槍見館 »

2008年6月 7日 (土)

炭酸泉の隠れ湯

知る人ぞ知る、炭酸泉に入りにいきました。

この源泉を日帰り入浴できるように開放して、まだ1年。

お宿の名前は「山里の宿」登山家たちに愛されている自炊宿です。そして、温泉の名前は「山里の湯」、ここに湧く自家源泉です。

Img_0949iriguchi

家族で使っていた温泉、2年ほど使わずにそのままになっていたそうです。詰まっていたスケールをコツコツと手作業で取り除いていったところ、全く違う温泉になっていたそうです。
このエリアには珍しく温度が低くて、ちょっとがっかり、ところが、入浴してみると体中に泡がついて、ポカポカとあたたまって調子が良い。
いったい何だろう?と、思っていたら「炭酸ガス」が豊富ということが解り・・・。

そうなんです!なんと、源泉温度39℃で、しかも含二酸化炭素泉!という、超ブラボーな温泉がこの地上にでてきてくれたというわけです。

Img_0963gensen_2

男女別の温泉の前に源泉、そこから直接湯船に引き入れています。

Img_0969futatu

2つの湯船、奥の小さい浴槽に直接源泉をいれて、手前の大きい方には小さい浴槽を経由した温泉が入り込んでいます。

Img_0973bukubuku

奥の小さい浴槽に入ると、すぐに泡がぱーっとつきはじめ、あっという間にこんな手に~

Cimg2327awatuki

あたたかくてブ~クブク・・・。

こんなにあたたかい炭酸泉は夢のようです。

泉質名がとっても長~い♪
含二酸化炭素-ナトリウム・マグネシウム・カルシウム-炭酸水素塩・硫酸塩・塩化物泉
ミネラルたっぷり、しかもバランスよくマルチに配合~。
大切に大切にしていきたい温泉ですね。

場所は、九州・大分県、夢の大吊橋のすぐ近く。

目印は、「山里の湯・炭酸泉」の看板です。ぜひ、探してみてくださいませ。

Img_0994yumeno

|

« 寒の地獄で美肌修行 | トップページ | 絶景〜槍見館 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/149491/41459261

この記事へのトラックバック一覧です: 炭酸泉の隠れ湯:

« 寒の地獄で美肌修行 | トップページ | 絶景〜槍見館 »