« なごり雪の温泉街 | トップページ | 湯ヶ島温泉 »

2009年3月29日 (日)

温泉の源

温泉の源

鳴子温泉の源、潟沼。pH2の酸性沼です。

雪景色の朝、今日は七色に見えました。

鳴子の多彩な温泉の源と言われ、三匹の龍がいらっしゃる場所です。今もあちこちから蒸気がガスもでています。

温泉の源

旅館大沼の「陽の湯」に入りました。

パワフルな赤湯が注がれ、ぐぐっとあたたまる温泉です。
泉質はナトリウムー炭酸水素塩泉。重曹の純度が高く、85%以上。芳醇な木の香りのモール泉で、とことん癒される温泉です。

わたしは、ここにくると、頭から何杯も温泉を浴びて心身もお肌もリセット。

全てをお湯に包んで流してもらうと、なんだかいいことがいっぱいやってくる予感…。

全部放電してから、パワーチャージ!
温泉で元気をもらう鉄則ですね。

|

« なごり雪の温泉街 | トップページ | 湯ヶ島温泉 »

コメント

石井さん、ご無沙汰しております。
その節はどうもありがとうございました。

陸羽東線、滝乃湯、大沼旅館さん、潟沼、いずれも懐かしい~!
鳴子でのマイテーマソング「365歩のマーチ」が聴こえてくるようです(笑)
潟沼から強風の中歩いて辿り着いた滝乃湯のありがたかったこと!

どのお風呂にも何回でも入りたい大沼さんの温泉、東鳴子の可愛い駅舎、
中華屋さん、しそ巻き、わらび餅、なるまん、栗だんご、おそば、カレー、コーヒー。。。
あ、食べ物ばかり思い出されてきました(笑)

私も早く鳴子に帰りたいです~。

それまでは石井さんのブログを拝見しながらパワーチャージさせていただきますね!

投稿: やこ | 2009年3月29日 (日) 23時58分

やこさん、こんにちは!

こちらこそ、お会いできてうれしかったです。
365歩のマーチはあらゆる場面で起こりうることですよね。
それにしても、いっぱい食べましたね(笑)
鳴子でのプロジェクトもいろいろ進行中ですので、またお知らせしますね。

投稿: 温泉セラピー | 2009年3月30日 (月) 09時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/149491/44500148

この記事へのトラックバック一覧です: 温泉の源:

« なごり雪の温泉街 | トップページ | 湯ヶ島温泉 »