« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2009年4月26日 (日)

ほんとは教えたくないヌルヌルつるつる温泉

小さな路地の向こうに、かわいい小屋。

ほんとは教えたくないヌルヌルつるつる温泉

じゃ〜ん。

やってきました、千本松温泉。

ほんとは教えたくないヌルヌルつるつる温泉

この小屋の裏側に秘密の入り口が…!って、わたしが反対側の小道から来たのだけど。

のれんをくぐって温泉へ。

内湯の外には、岩の露天風呂が2つ。熱い源泉が大きな岩肌をつたって湯船に落ちています。

緑色の透明なお湯。ふわりと香る、この芳醇な木材臭!わたしの大好きなモール泉のアロマと思われます。

泉質は、ナトリウム−炭酸水素塩・塩化物泉、pH8.9のアルカリ性。

ヌルヌルつるつるの感触が秀逸♪かなりのヌルヌル度です。湯船の深さも温度もとても気持ちよい。

イオンタイプの硫黄を1.4mg含有。硫黄泉といえる量ではありませんが、なかなかのパワー。お肌の血行がみるみる良くなってきました。

場所のヒントはこれ。

ほんとは教えたくないヌルヌルつるつる温泉

人気の観光名所にありながら、この小さな温泉は、意外に隠れた場所。

知られたくないような、でも語らずにいられない、那須のツルツル名湯でございました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

今朝は晴れて、今は雪!

大丸温泉は標高1300m。今朝は晴れて、雲海のと遥かな那須の景色が見えていました。

朝ごはんを食べて戻ったら、雪が降ってきました。

今朝は晴れて、今は雪!

もうじき咲きそうな桜のつぼみにも、雪…。
その下に流れているのは温泉の川です♪

今朝は晴れて、今は雪!

そういえば、お部屋には、お昼寝用のお布団がありました。

今朝は晴れて、今は雪!

こういうのって、ほんとに嬉しい!ですね〜。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月25日 (土)

那須・大丸温泉

きゃ〜。

那須高原にやってきました。

著書の原稿執筆に没頭し、しばらく、こもっていたので、もう、いいお湯が恋しくて恋しくて…。

まずは大好きなSHOZO Cafeへ。

那須・大丸温泉

ここは、いつきても、ほっと和める空間です♪

ふわっふわのシフォンケーキとアールグレイがわたしの定番。

今宵は大丸温泉旅館。

那須・大丸温泉

ここ、ここ。おもいっきり贅沢な温泉の川。それをせきとめた露天風呂は、フレッシュ源泉があふれています。

那須・大丸温泉

ふわふわのやわらかなお湯。軽やかで優しくて、心地いい。

オーバーヒートぎみの頭もお肌も、ふわふわととけていきました。

雨にけむる露天風呂もまた風流でございます〜。

那須・大丸温泉

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年4月20日 (月)

伊豆へ

伊豆へ

今日は、伊豆へ…。

熱海と伊東で打ち合わせをして、とんぼ返り。

Hasiri 

温泉のやわらかな感触が手の平に残って、ちょっと幸せな気持ちで帰ってきました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年4月17日 (金)

絶景!温泉ビューティパック

年間240日、温泉地を旅しているうちに、思いついた美容法、いろいろあります。

その中でも、オリジナルの美容法「温泉ビューティパック」は、以前出演させていただいた「ソロモン流」というテレビ番組で、行っているシーンを特別公開(笑)させていただいてから、数々の反響やご取材をいただいております。

そんな、わたしが日々実行している温泉美容のマル秘テクニック、「温泉ビューティパック」(以前の記事は⇒コチラ

ぜひ、その素晴らしさ、気持ちよさ、実施後の美肌感を、みなさんにも体感していただこうと、今回の「温泉ビューティソムリエ講座」で、授業の中に取り入れてみました。

Photo

温泉は、3種類のフレッシュ源泉を温泉地から会場へ直送!

Onsenn3

今回は「温泉ソムリエ」の本拠地、妙高高原エリアから

●赤倉温泉 

カルシウム・ナトリウム・マグネシウム-硫酸塩・炭酸水素塩泉 pH6.6(中性)

●関温泉

ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩泉 pH6(中性)

●燕温泉

含硫黄-カルシウム・ナトリウム・マグネシウム-炭酸水素塩・硫酸塩・塩化物泉 pH6.4(中性)

     

これを、温泉ビューティに基づくお湯の特徴を考えた上で、それぞれがセレクトし・・・。

    

「総勢80名の温泉ビューティパック!!」

     

その光景は・・・まさに「絶景~♪」でございました。

さらに、温泉ビューティパック体験後のみなさまの“美肌っぷり”

これも、絶景~でございました。

*この絶景はご想像でお楽しみくださいませ・・・。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009年4月16日 (木)

温泉ビューティソムリエ

温泉ビューティソムリエ

今日は「温泉ビューティソムリエ講座」をします。

温泉ソムリエを取得した方々のステップアップ講座をしたいというご相談を、温泉ソムリエ協会からいただき実現した限定講座なんです。

告知して1日で、予定人数の倍以上のお申し込みがきてしまい、あっという間に受付終了となり、うれしい悲鳴。とても感激です。お申し込みが間に合わずにご参加いただけなかった方ごめんなさい。

温泉ソムリエ協会のスローガンは「温泉は楽しく」。

ですから、温泉ビューティソムリエ講座では、「もっと温泉が楽しくなる」ような授業をしたいと思っています!

これまで、どこにもなかったような、楽しいことを考えたつもり…。

みなさんの温泉旅がもっと、もっと楽しくなりますように。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2009年4月14日 (火)

ペロリンの春

ペロリンの春

山形のシンボルマーク「ペロリン」も、春バージョンになっていました〜♪

山形は美味しいものがありすぎで、ほんと困ります…。

かみのやま温泉は桜が満開で、まさにピンクの温泉王国。

泉質は、ナトリウム・カルシウム−塩化物・硫酸塩泉。入った瞬間は、さらりと硬めに感じるお湯が、気がつけばなんだか、やわらかなふわふわの感触に感じてくる。入るほどになんだか心地よく、気がつけば、ツルツル肌。かみのやま温泉のお湯は、そんなじんわりとした味わいが魅力です。

なんだか気持ちまでやわらか〜くなった温泉セラピーでした。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年4月13日 (月)

かみのやま温泉

かみのやま温泉

うさこです。

お宿のあちこちに「うさぎ」がいっぱい。

山形県・かみのやま温泉の橋本屋にきております。

はたご蔵「うさぎ野」のお部屋にはマイ露天風呂。

かみのやま温泉

ふう〜っ。

遥かな蔵王連峰を眺めながら、ほっこりあたたまる巨石温泉でございます〜。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月 4日 (土)

ど〜こだ?の回答

ものスタMOVE「温泉ビューティと行く きれいになる日帰り旅」特集が放送されました~♪

というわけで、ど~こだ。の回答と詳細をお伝えいたします。

はい。場所は、箱根温泉郷。

芦ノ湖では雄大な富士山に出会えました。

Asinofuji_2

①未知との遭遇??

ど〜こだ?

これは、仙石原でした。

春待つ枯野にくっきりと青空。宇宙と交信できそうな景色ですよね。

箱根は大地のパワーがいっぱい。パワースポットの宝庫です。

②ミステリー列車??

Oriennto

これは、ラリックミュージアムの中にある「 ル・トラン」。

本物のオリエント急行の車両なんです。これ、ヨーロッパから船で運び、そして、箱根の山道をくねくねと運んでここまでやってきたんですよ。パリを出発してイスタンブールあたりを走っていた列車です。

中はすばらしいラリックのガラスアートのインテリア。箱根にいながら、ヨーロッパの旅気分、日帰り旅でもこんなことできるって楽しいでしょ♪

ここは予約制で、お茶とスイーツ付きの見学ができます。そして、5月10日までは春の限定スイーツがいただけるので、ぜひ、と思ってご紹介しました。

Yuuga

わたしの後ろにも美しいラリックさんのアートが見えますね。これ、太陽の光があたると浮かびあがってさらに美しいのです。

*テレビ撮影ということで、特別に記念撮影させていただきました。通常は、車内は撮影不可、でも列車の外から窓越しに乗車している感じを撮影してくださったりするそうです。すてきな旅の記念になりますね。

春の限定スイーツは箱根のいろいろな施設で連携してやっています。5月10日までにぜひ~!⇒詳しくはコチラ

③湯けむりの向こうに絶景?

ど〜こだ?

わたしの大好きな温泉のひとつ、仙石原の「ウエルテル俵石」。リゾートの雰囲気の奥に湯屋造りの温泉があり、木の内湯にたっぷりと美肌湯がそそがれていてすごく癒されるんです。お湯に入ると目線の向こうには箱根の外輪山。仙石原でもなかなかこの景色が見える温泉は少ないと思います。

温泉は大涌谷からひいた酸性の硫酸塩泉。たっぷりとかけ流しにされていてとても気持ちよく入れます。お肌をきゅっと引き締めて、しっとり。そんなビューティ温泉です。

*4月3日(金)朝8:04~8:56放送の「ものスタMOVE」(テレビ東京系 新番組)の「温泉ビューティ 石井宏子セレクションの日帰り旅」で放送されました。

その他、濃厚硫黄の「湯の花温泉」やステーィービー・ワンダーさまも湯滝に打たれてご満悦だったという伝説の「宮の下の堂が島温泉」など、箱根の温泉ビューティめぐりをご紹介しました。

Keikoku

“旅で五感を刺激することは、美と健康にとっても大切なこと”

今回のわたしの日帰り温泉旅の提案は、「日帰りでも、たっぷり旅気分を味わいましょう」ということ。日帰り温泉施設もすばらしいのですが、たとえば、旅館やホテルの日帰りプランを活用して、いかに豊な旅体験をするか、そんな日帰り旅を、石井の温泉ビューティセレクションとしてお伝えしました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年4月 3日 (金)

湯ヶ島温泉

湯ヶ島温泉

三島から電車に乗り換えて、修善寺へ…。

湯ヶ島温泉へまいりました。

落合楼村上の洞窟風呂は、どーっと源泉が滝落としされていて、温泉ミストがいっぱいです。

湯ヶ島温泉

迫力ある川の音を聞きながら入る露天風呂もよかったのですが、レトロなタイルの内湯もとても雰囲気があって癒されました。

湯ヶ島温泉

どの湯船も、源泉を下からも入れている技ありなつくり。どこに入っても心地よい温度で全てかけ流し、とてもすばらしい温泉でした。湯守さんのご苦労に感謝でございます~。

湯ヶ島温泉は、カルシウム・ナトリウム−硫酸塩泉、弱アルカリ性のやわらかな肌触りのお湯で、わたしの大好きな美肌温泉のひとつです。パワフルな天城の自然を感じるロケーションも力をもらえる気がしています。

落合楼村上は昭和8年に建てられた本館を中心に6つの文化財からなる旅館。まさに昭和の宝がぎっしりつまった芸術の中に泊まれるお宿です。

その美しき全貌は、また後日〜。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »