« 秋田の夏は… | トップページ | 丸の内朝大学 温泉トラベルプランナー »

2009年6月17日 (水)

地大豆湯治@鳴子温泉郷

大豆オーナー募集・・・。

わたしの大好きなお宿、川渡温泉のみやまさんのクラインガルテン(畑の貸出し)制度を利用して、みんなで、共同のオーナーになり、地大豆を植えよう!というプロジェクトがスタートしました。

コーディネーターは東鳴子温泉の大沼さん。

大沼さんとみやまさんはこれまでも、両方の宿を行き来できる現代湯治を提唱したり、地元の農家さんと協力してグリーンツーリズムを推進したり、素敵な取り組みをしていらっしゃったのだけれど。

2009年のプロジェクトは、地大豆湯治。

Mame

そのスタートは、種まきから。というわけで、今回、わたしが触れているのは、お湯ではなくて、土・・・♪

Jidaizu2

鬼首で見つかった貴重な地大豆をふくめ、3種類の大豆の種をまきました。

6.14から1年、この日は、いろいろな場所でいろいろなイベントがありました。それでも、みんな思いはひとつ。わたしは、1年前と同じ場所で、大地に触れて命の種を植えるプロジェクトに参加することにしました。

この日、地大豆プロジェクトに集まったのは、総勢58名!みんな、温泉が大好き、鳴子が大好き、そして、美味しいこと、楽しいことが大好きなメンバーでございました。

50口限定の大豆オーナー達は、畑をシェアするいわばファミリー。これから、夏までは草取り、9月には枝豆収穫、秋には大豆収穫、脱穀、そして手前みそ造りなどなど、冬まで、度々、鳴子温泉郷を訪ねては、地大豆湯治をするのでございます~。

農作業の途中の小休止を「こびる」といいます。

Kobiru

本日のこびるは地元のパン屋さんの手作りあんぱん♪

そして、もうひとつの幸せは、大地に触れて働いた後の、温泉でございました~。

Oonuma

|

« 秋田の夏は… | トップページ | 丸の内朝大学 温泉トラベルプランナー »

コメント

いーなぁ~、地大豆湯治。
楽しそう。枝豆食べたいっす!

投稿: タビエル | 2009年6月17日 (水) 14時00分

タビエルさん、こんにちは!

いいですよ~地大豆湯治。
ちなみに、大豆オーナーでなくても、単発で参加費を支払い、農作業に参加しつつ温泉に入るということは随時可能です。
7、8月は草取り。地味ですが一番大事な作業。
そして、枝豆でビール♪を期待する場合は、9月27日(日)が枝豆収穫の日!になっています。みやまさんに泊まって、美味しい枝豆、食べませんか?
大きな顔で枝豆を食べたい場合は、それまでに、一度くらい草取りサポートしていただけるといいかな~(笑)

投稿: 温泉セラピー | 2009年6月17日 (水) 15時48分

枝豆でビール♪
読まれてましたか~(笑)
燃費(働き÷食欲)はよくありませんが、大きな顔して食べるために、ガンバリマス!

投稿: タビエル | 2009年6月17日 (水) 17時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/149491/45364580

この記事へのトラックバック一覧です: 地大豆湯治@鳴子温泉郷:

« 秋田の夏は… | トップページ | 丸の内朝大学 温泉トラベルプランナー »