« 湯殿山神社入山 | トップページ | 湯殿山神社本宮 »

2009年8月 7日 (金)

丹生鉱泉御神湯風呂

丹生鉱泉御神湯風呂


湯殿山御開山1400年にあたり、四年前にこの参籠所内に開設された「御神湯」。本宮に向かう参道の途中にある丹生水上神社からこんこんと湧出する炭酸鉱泉と御本宮の御神湯が男湯、女湯、飲泉口に引かれています。

丹生鉱泉御神湯風呂

浴室の入口から御祓の雰囲気。薬草のツンとした香りが漂います。

丹生鉱泉御神湯風呂

神棚の前に檜の浴槽。女湯には湯殿山本宮御神湯と同じ源泉が注がれています。

丹生鉱泉御神湯風呂

泉質は含二酸化炭素・鉄(Ⅱ)−ナトリウム・カルシウム−塩化物泉、pH5.5、源泉温度51.3℃だというのに、二酸化炭素ガスを1418mgも含有。ガスを除く溶存物質総計だけでも13690mg!とてつもなくミネラル濃厚な温泉です。

湯船のお湯の温度はややぬるめで、ずっと入っていたいほど気分は癒されるのですが、ほどなく全身の皮膚から猛スピードで何かが入り込んで来る感じ。

ほんの数分入っただけなのに、全身がぐるぐるじんじん。何時間たっても火照りがおさまらない感じです。

御神湯のものすごいパワーに感動しつつ、明日を楽しみに就寝いたします。

おやすみなさい。

|

« 湯殿山神社入山 | トップページ | 湯殿山神社本宮 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/149491/45862025

この記事へのトラックバック一覧です: 丹生鉱泉御神湯風呂:

« 湯殿山神社入山 | トップページ | 湯殿山神社本宮 »