« 琥珀色のさくらんぼ東根温泉 | トップページ | 足元湧出・赤倉温泉 »

2010年2月10日 (水)

美食の瀬見温泉

美食湯・瀬見温泉

ふかし湯で有名な瀬見温泉。

床下には温泉が流れていてオンドルみたいにポカポカ。中程の木枕をはずすと床に丸い穴があいていて、そこから温泉の蒸気が立ちのぼる。

共同浴場の前には温泉神社。弁慶が薙刀でつついてお湯を出し、義経の赤ちゃんが産湯をつかったという伝説にちなんで、飲泉と産湯が並んで作られているのが印象的。

美食湯・瀬見温泉

そのすぐ横にあるお宿、ゆめみの宿 観松館に泊まりました。

かわいくリニューアルされたお部屋。ダイニングテーブルでお食事をいただけます。

美食湯・瀬見温泉

お部屋のマイ温泉は源泉かけ流し。でも67.3℃の熱々源泉なので、好みに応じて自分で加水するシステム。加水用の蛇口は水道水ではなく、この宿の井戸水なのがうれしいです。

美食湯・瀬見温泉

泉質はナトリウム・カルシウム−塩化物・硫酸塩泉。さらりとしたスッキリ系のあたたまり湯。

温泉王国山形県は、ごちそう王国でもありまして、どこに泊まっても、ごちそう指数が高いのだけれど、その中でも、ここの夕食はかなり突き抜けております〜♪

美食湯・瀬見温泉

季節をちょっと先取り。お雛様のかわいい前菜にはじまり、一皿一皿に驚きや喜び。最上牛と三元豚、ジャンボマッシュルーム、蒸しあわびとロブスターの焼き物・・・などなど。

ビューティ的にうれしかったのは、薬膳ふかひれスープ。しかも美味〰♪

Yakuzen

フィナーレは、マイ釜炊きスタイルの鯛釜飯。

Taigohan

もう〜無理〜と言いながら、ついつい食べてしまうツヤピカごはんでした。

|

« 琥珀色のさくらんぼ東根温泉 | トップページ | 足元湧出・赤倉温泉 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/149491/47529949

この記事へのトラックバック一覧です: 美食の瀬見温泉:

« 琥珀色のさくらんぼ東根温泉 | トップページ | 足元湧出・赤倉温泉 »