« 奧会津温泉郷で講演 | トップページ | 全国ぬる湯サミット »

2010年3月10日 (水)

湯めぐりin 奧会津温泉郷

奧会津温泉郷を湯めぐりしてきました〜♪

●湯倉温泉・鶴亀荘。

川と山の風景が目の前。対岸には只見線も走っています。

お部屋の飾り窓からも絶景。

湯めぐりin<br />
 奧会津温泉郷

きゃ〰♪湯面に膜ができています〰。これ、温泉好きにはたまらない喜びなんです。

湯めぐりin<br />
 奧会津温泉郷

鉄分やカルシウムが豊富な温泉で、フレッシュ源泉が注がれて、しかもしばらく誰も入浴していないという条件の時に、お湯の表面にこのような膜が張るということがあるわけです。つまり、“新雪が降って積もったばかり”みたいな状況ってこと♪やったー!という感じです。

内湯からも川と山。

湯めぐりin<br />
 奧会津温泉郷

湯めぐりin<br />
 奧会津温泉郷

露天風呂も自然と一緒。

湯めぐりin<br />
 奧会津温泉郷

成分総計6090mg/kg。濃厚あたたまりのナトリウム・カルシウム-塩化物・硫酸塩泉でございました〰。

●早戸温泉つるの湯。

湯めぐりin<br />
 奧会津温泉郷

こんな湯花も販売していました。

湯めぐりin<br />
 奧会津温泉郷

人気のため、いつも人がいっぱいで、湯船の写真はありませんが、只見川渓谷のこんな風景を独り占め〰の気分のごきげんな露天風呂があります。

湯めぐりin<br />
 奧会津温泉郷

●会津柳津温泉・花ホテル滝のや。

湯めぐりin<br />
 奧会津温泉郷

泉質はナトリウム-塩化物泉、成分総計8,525mg/kgの等張性、しっくり体になじんでくる塩湯で、湯あがりはしっとりぽかぽか。

塩化物泉は、肌の上に塩被膜を作り、うすいヴェールのように肌表面を包んでくれるので、湯めぐりの仕上げにぴったりなんです。

さらなる旅の仕上げは、ご当地スイーツ。

湯めぐりin<br />
 奧会津温泉郷

柳津名物のほかほか蒸し立て“あわまんじゅう”をいただきました♪

お隣りの栗まんじゅうは、お土産にしました。

|

« 奧会津温泉郷で講演 | トップページ | 全国ぬる湯サミット »

コメント

南会津は好きな温泉地です。
玉梨、八町や大塩は炭酸分が多く
良いですよ。

投稿: 郡司 勇 | 2010年3月10日 (水) 22時05分

郡司さんの仰る通り、奥会津の温泉は泉質も宿も個性派そろいです

だいぶ以前のことですが、私の湯仲間の女性は、
持病の慢性気管支炎を西山温泉の老沢さんに湯治して治しましたよ
食塩泉の吸入は鉄輪同様良いようですね

玉梨の旅館玉梨さんの露天や、小栗山の民宿文伍さんの手作り露天も良いですね

投稿: きくちゃん | 2010年4月 9日 (金) 10時30分

郡司さん、こんにちは。
奥会津や南会津は、個性的な温泉が多くて楽しいですね。
玉梨、八町や大塩、わたしもお気に入りです。

投稿: 温泉セラピー | 2010年4月13日 (火) 10時27分

きくちゃんさん、こんにちは。
わたしも小栗山の文伍さんの温泉大好きです。
露天風呂もよいし、内湯も風情があって味わい深いですね。

投稿: 温泉セラピー | 2010年4月13日 (火) 10時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/149491/47775456

この記事へのトラックバック一覧です: 湯めぐりin 奧会津温泉郷:

« 奧会津温泉郷で講演 | トップページ | 全国ぬる湯サミット »