« 日本唯一! | トップページ | 美と健康の温泉活用術 »

2010年3月16日 (火)

気仙沼温泉

気仙沼温泉

サンマリン気仙沼ホテル観洋の温泉、たいこ橋を渡って入ります。

大浴場の内湯の外へでてみると、石段が・・・。

あれ?なんだか料亭の入り口のような門があります。

おそるおそる、入ってみると。

気仙沼温泉

じゃ~ん。

そこは露天風呂でした~♪

気仙沼温泉

そそり立つ巨大な岩はリアス海岸のイメージ。

その間から滝のように温泉が注がれていて気持ちいい。

泉質は、ナトリウム-塩化物泉、成分総計18212.2mg/kgの高張性、しょっぱ~い塩湯の温泉です。

つるりとした感触の透明なお湯で、入っていると、ぽーっと温まってきます。

塩分濃厚なので浮力が高く、体の力を抜くとふわっと浮いてきます。

内湯でお会いしたおかあさん達と、「体が軽くなって気持ちいいよね~」と言いながら、みんなで並んで、ふわふわと浮遊浴。

うつ伏せになって顔だけだして、ぷかりぷかりと並んでいる情景は、アマゾンのワニ??ってちょっと思ったら、おかしくておかしくて、ものすごいにこやかな人になってしまいました。

高濃度食塩泉は、発汗促進して、デトックス作用が期待できるビューティ温泉♪楽しくて気持ちよいひと時でございました。

|

« 日本唯一! | トップページ | 美と健康の温泉活用術 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/149491/47824980

この記事へのトラックバック一覧です: 気仙沼温泉:

« 日本唯一! | トップページ | 美と健康の温泉活用術 »