« 鉄子inつばさ | トップページ | 「温泉ビューティ」講演 »

2010年4月 8日 (木)

白布オリンピック温泉

白布温泉の中屋別館不動閣に立ち寄りました。

白布オリンピック温泉

湯舟に五輪のマークがかわいいオリンピック風呂。

白布オリンピック温泉

実は、まだ温泉をためている最中でした。

ほぼたまりつつあったので、入らせていただけることに♪

温泉好きにとりまして、この入れたてほやほやのフレッシュな温泉に入れるというのは、なによりも贅沢な幸せでございまして、ましてや、ためている最中というレアな状況に遭遇できて、大幸せです。

きゃ〜。見てください!この長さ!向こうが見えないくらい長〜い。これが端から端までピュア源泉かけ流し〜ですぅ〜。

白布オリンピック温泉

窓からは残雪の山、湯舟の窓側付近から何やら噴水がいっぱい。

実は源泉を長いパイプで端から端まで通し、いっせいに注ぎます。この長〜いお風呂を循環せずに端から端まで絶妙な温度で快適にしている秘密がこれ!だったのです。すばらしい〜♪

泉質は、含硫黄−カルシウム−硫酸塩泉。pH7.3。絶妙な湯かげんで、ものすごくまろやか。つるりとして肌にまとわりつくなめらかさです。細かな白い湯の花がキラキラ。

白布温泉は、以前に別のお宿で入った時はキリッとした石膏泉(カルシウム硫酸塩泉)の感触のイメージが強かったけれど、温泉の注ぎ方、使い方でこんなに違うのですね。

またまた新たな温泉の魅力を発見しました。

白布温泉で肌も体も、気持ちもほぐれて癒された後は…、次なる温泉へ。

|

« 鉄子inつばさ | トップページ | 「温泉ビューティ」講演 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/149491/48029271

この記事へのトラックバック一覧です: 白布オリンピック温泉:

« 鉄子inつばさ | トップページ | 「温泉ビューティ」講演 »