« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年7月28日 (水)

湯畑ビューのスイーツ&レストランがオープン

湯畑ビューのスイーツ&レストランがオープン

みてみて!レトロな窓から見える「湯畑」♪

草津温泉へ行ってきました。

日帰りで会議と打ち合わせだったけれど、温泉地の空気と人に癒されました。

7月6日にオープンしたばかりの、スイーツ&レストラン「月乃井」に立ち寄りました。

本格フレンチのランチや、パティシエの資格も持つシェフがつくるケーキセットがいただけるお店。

2階建ての一軒家はもともと旅館だったところ。そのご親族にあたる一井の娘さんがシェフとなって「月乃井」の名前を継承しつつ、すてきなスイーツ&レストランとして再スタート。

すっごく素敵な空間から、湯畑が一望のロケーションで優雅にランチ・・・なんて、草津の新名所になること間違いなし!

人気の高いモンブランも美味でございました~♪

ああ・・・、誰にも知らせたくないけど、でも、みんなに言いたくなっちゃう場所でした。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010年7月24日 (土)

平子理沙さんとテレビで対談!

ビューティフル♪東京タワー。

Photo

テレビ番組の収録に行ってきました。

Voce1_2

放送日は8月6日(金)深夜1:50~

テレビ朝日系列「BeauTV VOCE」 

“金曜は、夜更かしするとキレイになる!”というビューティトーク炸裂!の30分番組です。

Photo_2

温泉大好き!な平子理沙さんと、温泉ビューティ話で盛り上がりました♪

夏におすすめの温泉のご紹介や、先日帰ってきたばかりの、ドイツやオーストリアの温泉や旅のお話も・・・!

「日本の温泉で世界中の人をキレイにしたい」石井の夢トークです。

眠い~という方は、録画予約してくださいませ~。

http://www.tv-asahi.co.jp/beautv/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月 6日 (火)

岩塩洞窟へ

岩塩洞窟へ

これアップするの忘れてました。

衣装まで着替えて出発する、岩塩洞窟のアドベンチャーでした。

今から飛行機で日本へ戻るので、詳しくはまた、後ほど〜。

岩塩洞窟へ

岩塩洞窟へ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010年7月 5日 (月)

クナイプ療法総本山へ突入!

クナイプ療法総本山へ突入!

毎日充実の視察旅です。

あまりにも次々と突撃していて、数々の武勇伝を語りきれずにおります。

オーストリアの温泉地を満喫して、またドイツへ戻ってきました。

本日は、バードウェリスホーフェン。クナイプ療法の総本山である聖地です。

ドイツの伝統的療法のひとつ、冷たい水を使うクナイプ療法を広めた、クナイプ神父さまが街のいたるところにいらっしゃいます。

なんと!明日の早朝には、ホテルの部屋の中に「冷たい水で体を洗ってくれる人」が訪ねてくるんだとか!
えっ?いきなり各部屋にぃ〜?!

そう、これが、クナイプ療法総本山の朝なのです。

さて、どうなることか?

大丈夫か?あたし〜。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月 3日 (土)

アルプスの塩の温泉

これ、なんでしょうか?

塩の温泉

実は、塩の温泉の源泉です。

昔、ヨーロッパとアフリカ大陸がまだ離れていた時は海だった場所が、地殻変動によってぶつかり、隆起して巨大なアルプスが誕生しました。それゆえ、アルプスのまわりには、その時に閉じ込められた海水が凝縮されて、濃厚な強塩泉になったり、岩塩が採掘できたりする場所が点在しています。

今は博物館になっていて、強塩泉の源泉から塩を採取する様子を知ることができます。

塩の温泉

源泉は超しょっぱい。でも、甘みも感じる美味しい塩味。

バードライヘンハルのクアミッテルハウスの裏側はクアパークになっています。

そして、もうひとつ。クエッション。

これはいったいなんでしょうか?ヒントは温泉の活用法です。

塩の温泉

はい。実は、ドイツでは塩の温泉は、呼吸器などの治療やリラクゼーションに活用されています。

これは、巨大な塩浴装置。

高い位置から強塩泉の温泉を滝流しにして、この横を歩くと、塩の温泉の微粒子ミスト浴ができるんです。

この壁の両側に温泉が落ちていて、ぐるりと回ると一周1kmの塩泉浴散歩です。

塩の温泉

特別な植物を利用しています。壁一面にぎっしりと草と枝が埋まっています。

これはなぜ、2色かというと、左の茶色いほうが新しい壁。右側の白っぽくなっているほうは、温泉のスケールや塩の結晶がついてこんな風に変化します。

何年かに一度張替をするそうで、これはちょうどその境目です。

塩の温泉

壁の下をみると、まさに強塩泉の色。

源泉は冷たいのですが、蒸発する気化熱ですーっと涼しい風が吹く抜けます。

塩の温泉

飲泉もできます。あたためたものと、冷たいものが出ています。でも、ここの源泉はあまりにも濃厚なので、ちょうど体に良い濃度に薄めてあり、程よい塩味で飲みやすかったです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年7月 2日 (金)

クアミッテルハウスin バードライヘンハル

クアミッテルハウスin<br />
 バードライヘンハル

おはようございます。

ドイツ三大高級温泉リゾートのひとつ、バードライヘンハルの朝です。

日本流に言うと温泉街。つまり温泉リゾートのメインストリートにある「クアミッテルハウス」は、温泉や水などを活用した、治療などを行う施設。

クアミッテルハウスin<br />
 バードライヘンハル

クアミッテルハウスin<br />
 バードライヘンハル

地元の泥炭を溶かしこんだ「モールバス」に入りました。

モール浴は体を温め、関節や神経の痛みを軽減する目的で利用されますが、モールバスは血行促進や発汗、美肌などが期待できて、美容にもうれしい。

クアミッテルハウスin<br />
 バードライヘンハル

真っ黒いお湯はつるつる。みるみる肌の血行がよくなり、数分で発汗。出た後何時間もポカポカでした。

クアミッテルハウスin<br />
 バードライヘンハル


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月 1日 (木)

ドイツ気候療法・拠点巡り

毎日、よく歩いてへとへとになり、泥のように眠り、早起きして、また歩いております。

山あり渓谷あり街あり、アップダウンありで、体ももうどこが痛いのかわからないくらい筋肉痛です(笑)
でも…。脳みそは全解放。ギアはゆるみっぱなしですが、それがすごくいい感じ。風は甘いし、空気も甘くておいしいです。

引き続き今日も、地形療法の拠点をまわりました。

ドイツ気候療法・拠点巡り

標高1700mまでキャビンで登り、ガルミッシュパルテンキルヒェンやドイツアルプスを見渡す絶景の場所で「外気浴」。

山岳性気候は、気圧の変化によって心拍数が上がります。つまりその環境に身をおくだけで、代謝アップしているわけです。

頂上付近は360度の大パノラマ。遊歩道が縦横にあり、外気浴をするベンチやウッドデッキが点在。のんびり極楽の絶景セラピーで、代謝のいい状態をキープできます。

ドイツ気候療法・拠点巡り

圧倒される山を眺める湖のリゾート。一周20分ほどの遊歩道を散歩して、カフェで休憩。

ドイツ気候療法・拠点巡り

スペシャルスイーツのサンデーは、甘さ控えめでおいしゅうございました〜♪

ドイツ気候療法・拠点巡り

ドイツ気候療法・拠点巡り

最後は、クアパークで水療法。冷たい川の水はミネラルたっぷり。足浴歩行と手浴でスッキリ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »