« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

2010年9月27日 (月)

鉄子in豊後

鉄子in豊後

鉄子で帰ります。

豊後中村駅は茅葺屋根のすてきな駅になりました。

でも1時間に1本だから、駅員さんは超~のんびり。

パチンパチンと爪を切る音がする。(笑)

鉄子in豊後

赤い列車で由布院へ。

今日のわたしは、芳しい硫黄フレーバー♪

| | コメント (1) | トラックバック (0)

山川温泉・しらはなシンフォニー

「癒されるところに泊まりたい」と言ったら、友人がこの宿をとってくれました。

女将さんが我が家のように迎えてくれる宿。

温泉がすごい贅沢。

山川温泉・しらはなシンフォニー

大きな露天風呂が2つ。男女別の内湯+露天風呂もあり、それぞれ好きな時に好きなだけ貸切。

泉質が、これまた癒し系。肌のpHに近い弱酸性の含硫黄ーナトリウム・硫酸塩泉。入ると細かな白い湯の花がふわっと舞い上がる。

女将さんが「ゆっくり入ってね」と、夕暮れの露天風呂にキャンドルを置いてくれました。

ぼーっと何度も温泉につかる…。

お食事は小鉢がいっぱいの癒し系。

山川温泉・しらはなシンフォニー

朝も気持ちよすぎる露天風呂。いつまでもぼーっとつかっていたい。

山川温泉・しらはなシンフォニー

ここは気の流れがいいと通う業界人が多いという噂。

山川温泉・しらはなシンフォニー

なるほど、なんだかすっかり元気になりました。ただただぼーっとしていただけなのに…。はい。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

ブラボー!奴留湯温泉で超癒〜♪

ブラボー!奴留湯温泉で超癒〜♪

ブラボー!奴留湯温泉で超癒〜♪

山間の集落にある足元湧出の共同湯「奴留湯温泉」(ぬるゆ)に入らせていただきました。

ここは足元湧出。湯舟の下が石になっていて底からも源泉が湧いている贅沢な温泉。

源泉温度は38度。人肌よりちょっと温かいお湯にほんわりと包まれる「ぬる燗」具合がたまらない。

泉質は単純硫黄泉。じっとしていると肌に細かな泡がついてくる極上湯。ふわりと香る硫黄とフレッシュな生まれたてのお湯に包まれて、脱力度は無限大でございます。

奴留湯温泉のいわれは、殿様行列のお供をした奴さんたちも、この「ぬる湯」で長湯をして疲れを癒していたからだとか。

わたしも地元集落のおかあさん達と並んで、湯舟でうっとり。

湯上がり後、久しぶりの我が美肌っぷりに自画自賛〜♪

| | コメント (1) | トラックバック (0)

驚愕!道路からも温泉吹き出しちゃってるんですけど。

驚愕!道路からも温泉吹き出しちゃってるんですけど。

別府を離れて九重町、そして熊本県小国町へと移動。

壁湯温泉福元屋で、大好きな岐部さんご夫婦とおしゃべり。明日からいよいよ新米の稲刈りをはじめるそう。芳醇な香りのピカピカごはん、楽しみですね。

さらに移動して、わいた温泉郷へ。

あちこちから湯煙りが…、なんていう常識をはるかに超える驚きの光景。

田んぼからも、家の石垣のすき間からも、道路のアスファルトからも温泉の蒸気が吹き出しちゃってます〜。

も〜、おもしろ過ぎです。居るだけで全身が地獄蒸し状態。

温泉ミスト、あったかくて癒されました。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010年9月26日 (日)

新生!神和苑。青の湯は健在です。

きゃ〜、温泉のオブジェ♪

新生!神和苑青の湯は健在です。

この再開を心待ちにしていた方も多いのでは?

そ〜なんです。鉄輪温泉の神和苑がリニューアルして新たな幕開けをしました。

新生!神和苑青の湯は健在です。

数寄屋造りの建物たちはそのまま活かされて、本館も離れもシーリー製のベッドを入れてレトロモダンなお部屋になっていました。ステキ♪

源泉が止まったらしいという噂で心配していた「青の湯」も新たに堀りなおして見事復活!

さっそく、温泉へダッシュです。

新生!神和苑青の湯は健在です。

きゃ〜〜〜、青い!よかったよかった。

やわらかでとろけるようなツルツルの感触。幸せです。

よかったよかった。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010年9月25日 (土)

今夜は別府

別府温泉にきております。

「高齢社会をよくする女性の会」の全国大会が行われておりまして、2500名ものご来場者が集まっているそうです。

明日「温泉力による健康・美容豊かな生活環境」のテーマの分科会にパネラーとして講演させていただきます。

今日は講演前の打ち合わせ。別府の温泉利用の歴史や文化、取り組みの現状や課題などなど、いろいろな話題もあり、明日が楽しみです。

今夜は別府

ゆっくり温泉めぐりはできないけれど、別府八湯温泉本を読みながら、おやすみなさ〜い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

VIVA〜♪ご当地ソフトクリーム!

食いしん坊バンザイなわたくし。

旅先で出会う、ご当地ソフトクリームにも目がないのでございます。

今回イチ押しの絶品ソフトクリームは、日向市の馬ケ瀬売店の「平兵衛酢ソフトクリーム」。

VIVA〜♪ご当地ソフトクリーム!

平兵衛酢というのは日向市特産の柑橘類です。
地元の牧場から直送のミルクでつくったソフトクリームにこの平兵衛酢をピューレにしたものが練り込まれています。そのバランスが絶妙〜。濃厚ミルクがベースで、ちょっと苦甘すっぱい平兵衛酢のピューレが時々顔を出して広がり、たまらなく美味しい♪

しかも、この売店でいちから作っているというこだわり!エクセレントでございます〜。

はあ。すっかりソフトクリーム話に夢中になってしまいましたが、馬ケ瀬の絶景っぷりは最上級。

VIVA〜♪ご当地ソフトクリーム!

亜熱帯の森をぬける遊歩道。馬ケ瀬の岩壁を見ただけでも驚きですが、感動は、さらにその先!岬の突端へと進む、まさに馬の背のような尾根道。

Dvc00009

きゃ〜、この先は断崖絶壁。丸〜るい地球の水平線が360度(いえ、正確には道の分だけ差し引くので350度くらいかな)広がり、「世界をしょって立つのはわたしです!」という壮大な気分になれちゃいます。

で、ほどよい散策の後、売店で平兵衛酢ソフトクリーム。これ、お約束です。

さらに、宮崎空港名物といえば、「宮崎マンゴーソフトクリーム」。これ、食べとかんとね〜。

VIVA〜♪ご当地ソフトクリーム!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月24日 (金)

九州温泉祭り(10月に有楽町でも)

実は昨夜東京へ戻ってきました。

で、今日は都内でいろいろ打ち合わせです。

九州七県の観光担当が協力して、毎年九州の旅キャンペーンをしています。

大好きな温泉や大好きなスポットがいっぱいの九州へ、ぜひ、たくさんの人に旅していただきたい。ということで、九州の温泉と旅のお話をさせていただくことになりました。

九州温泉まつり

テーマは「癒されてきれいになる九州の温泉旅」

9月25日(土) 11時~12時 JTBトラベルゲート横浜 【明日です】

9月29日(水) 19時~20時 JTBトラベルゲート新宿

10月29日(木) 18:30~19:30 JTBトラベルゲート有楽町

で開催します。

当日は、九州各県の観光担当者から、地元通なグルメやおすすめスポットのお話も!これ、楽しみですよね~。

九州温泉まつり

新宿店へ事前打ち合わせにうかがいましたら、こんな告知も掲示してあって、ちょっと照れました・・・。

明日は、横浜でお話した後、またまた旅へ向かいま~す。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

松泉宮温泉in フェニックス・シーガイア・リゾート

海外リゾートのようなフェニックス・シーガイア・リゾート。

そこに隣接する竜宮城のようなプール、そして、純和風の建物エリアが松泉宮。

そう、待ちに待った温泉で~す♪

松泉宮温泉in<br />
 フェニックス・シーガイア・リゾート

源泉は、太古の化石海水型の弱アルカリ性強食塩泉。

ちょっと褐色がかったお湯です。

松泉宮温泉in<br />
 フェニックス・シーガイア・リゾート

夜の露天風呂は幻想的、満月の空の下で、海の香りを感じて入る温泉は気持ちいい。

松泉宮温泉in<br />
 フェニックス・シーガイア・リゾート

温泉でぐぐっとあたたまって、シーリー社のふんわりベッドでぐっすり爆睡いたしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月23日 (木)

乗鉄、撮鉄必見!海幸山幸に乗車〜♪

乗鉄、撮鉄必見!海幸山幸に乗車〜♪

きゃ〜♪♪♪

鉄ファンも森ファンも憧れの電車。「海幸山幸」に乗りました。

乗鉄、撮鉄必見!海幸山幸に乗車〜♪

この車両、飫肥杉が使われているんです。

乗鉄、撮鉄必見!海幸山幸に乗車〜♪

そう!電車なのに杉!鉄なのに森?!なんです〜。

乗鉄、撮鉄必見!海幸山幸に乗車〜♪

中も木の温もりいっぱい。窓のブラインドも杉素材です。

乗車記念のスタンプカードが配られたり、神話の紙芝居が行われたり…。

乗鉄、撮鉄必見!海幸山幸に乗車〜♪

鬼の洗濯板など海の景色を楽しんでいたら、空にミニドラゴンがふわり。

乗鉄、撮鉄必見!海幸山幸に乗車〜♪

癒され鉄子な旅でした。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

鉄子in日向with日向伝説

鉄子in日向

鉄子in日向

建築デザインやサービスなど数々の受賞に輝く日向市駅。

実はわたくし。ちょっとした日向時間伝説をつくってしまいました〜。

“日向時間”というのは、宮崎県の県民性を語るひとつの表現でもあります。

・・・以下、本当にあった出来事です。・・・

予定の列車出発の1分前、まだ、車に乗って駅に向かっておりました。

「列車の時間、14時27分だったですよね」

「そうですね」

「あの~、今14時26分なんですけど・・・」(ありえない?)

「あっ、そうですね、あと1分ですね」

「やばいですよねっ。間に合いますかね?」(っていうか、無理?)

「あの~、駅の観光案内所に荷物預けたままなんですけど」

「切符は買ってますか?」

「まだです。」

「もう間に合わないからそのまま乗っちゃうしかないね」

「2枚切符というのを買いたいのですが」

「2枚切符は駅じゃないと買えないよ」

「あの~、荷物を受け取らないと・・・」(っていうか列車出発しちゃうでしょ)

「でも2枚切符を買わないと・・・」(っていうか間に合わないでしょ)

というような信じられないような会話をしながら駅に到着。

発車のベルが聞こえる~。「列車間に合うかどうか、とりあえずわたしこのまま走りますので、荷物お願いします!」といってわたしはそのままホームへ駆け上がりました。(わけわかんないけど、走ってしまった)

ホームへ到着。列車のドアが開きました。

振り向くと・・・

●駅員さんがわたしの荷物を抱えて階段を駆け上ってくる~!(スローモーションのように見えた)

●観光協会の人も駆け上ってくる~!(早送りのように見えた)

み~んなに見送られて、わたしたちは列車に乗り込み、ドアが閉まる。

どう考えても・・・・

●なぜ、間に合ったのかわからないけど、荷物は列車に全て積み込まれていた。

●どうやって買えたのかわからないけど、2枚切符の1枚がわたしの手に渡された。

It's a ミラクル!!これぞ日向時間伝説。おそるべし、宮崎~♪なのでございます。

「駅員さん」「観光協会のみなさま」素晴らしい旅のひとコマをありがとうございました〜。

鉄子で宮崎駅へ移動。この信じられない出来事があまりにもおかしくて、わたしは30分くらい笑いがとまりませんでした。

宮崎県庁を訪問。

鉄子in日向

観光のお客様大歓迎の県庁は、とっても親切。入口の職員さんが写真を撮ってくださったりします。宮崎物産館もあります。

わたしは、観光推進課のみなさんとミーティングさせていただきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今宵は満月!月の道。

今宵は満月!月の道。

今宵は満月。

こんなに大きな月の道ができました。

日向時間な旅のご報告もしたいけど、温泉入ったら眠くなってしまったので、また明日〜。

おやすみなさ〜い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月22日 (水)

さらに、隠れたパワースポットへ…

すごい…。

宮崎、奥深くて、おもしろすぎです。

さらに、隠れたパワースポットへ…

さらに、隠れたパワースポットへ…

さらに、隠れたパワースポットへ…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

宮崎を旅しております

宮崎を旅しております

昨日から宮崎県を旅しております。

まずは熊本空港から九州入りして、バスに乗って高千穂へ…。

「え〜い!」と岩戸を投げ飛ばした天岩戸神社。

神社では神職さんがお話をしながらご案内くださいます。

そのお話がすごくよかった。

とてもわかりやすく話してくださるので、数々の神話の本やパワースポットの本を読んでみても、よくわからなかったことがすっきり。

そもそも日本人は、自然を祀って祈りをささげていました。それは、さまざまな理由があり、その一つとして、命を支える「食べ物」や「水」をくれるから。だから山や海に祈っていたわけです。

その後、すごくいいことをした人を、神様として祀ることが始まりました。その最初に神様になった人は、「お米」の作り方をもたらしてくれた人、日本人はそれによって、山と海からだけでなく、美味しくてずっと食べられる「米」という食べ物を手に入れることができたからだそうです。

お米のような素晴らしいものは人間界のものではなく、神様の国からきたものだ、それを持ってきてくれた人は、神様に違いないということで、その時から、初めて人が神様になり、それが、日向三代の一代目ニニギノミコトだということです。ニニギノミコトのおばあさまにあたるのが、アマテラスオオミカミで、ニニギノミコトが最初に神様とされて、その後、その先祖である方々も神様とされたというお話でした。

「いいことをした人は神様になる」

これは心に響きました。

実は、わたしは、まだ父の忌中なので、神社に入ってはいけないのではないかと心配して、事前に高千穂の方にお尋ねしたのです。そしたら、高千穂地域は八百万全てのものを受け入れるので関係ありません、どうぞいらしてくださいとおっしゃってくださいました。「いいことをしたら人は神様になる」そういう場所だから、少し神様に近くなった父と一緒に旅していても受け入れていただける、そう思えるようになりました。

宮崎を旅しております

天岩戸神社の近くで一番のパワースポットといわれている場所。赤い橋の上から手をかざすとぼわーっとあたたかくなってきました。

夜は観光神楽を見に行きました。

夜神楽のリズムと調べが心身にしみてきて、静かないい夜でした。

宮崎を旅しております

そして、さらにディープなパワースポットめぐりへ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月20日 (月)

新連載!!アンナX宏子の「旅スパ」美作法がスタート!

「美STORY」11月号が9月17日に発売になりました。

Img_e3498da33c48df6b16832f41dda9f1d

この号から、新連載がスタートしました♪♪♪

この連載は、実はずっと前からあたためていた“石井のこだわり”企画なんです。

それは、今までどんな雑誌の記事でも、ありそうでなかったもの!

●「旅スパ」とは、「わざわざ行きたいスパ」であってほしい。

●大切な旅の時間をわざわざ使って受けるスパなのだから、いったいどこをどうキレイにしてくれるのかちゃんと知りたい。

そんな石井のこだわりから、数あるコースの中で、どんなメニューを選んだのか?石井の着目ポイントは?たとえばそれが90分の施術だったら、どこをどんなふうにマッサージしてくれたのか、などなどもしっかりとレポート。

そうそう!実はこれ、知りたかった~!っていう人多いのではないでしょうか?

タイトルは・・・

アンナX宏子の「旅スパ」美作法

この連載では、“わざわざ行きたい旅スパ”を探究して、梅宮アンナさんと一緒に毎月旅をします。「旅」と「スパ」で、2人それぞれどのように「美」を追求したのか、実際の体験を毎号3ページで徹底レポート!

第1回目は、神秘的な芦ノ湖畔にたつ「山のホテル」。今年4月にリニューアルしたばかりです。

Page0001yamaPage0002yama

Page0003yama_4

そして、そして・・・。第2回目の取材ロケも楽しく盛り上がっておりま~す。

Making

毎月17日発売の「美STORY」を、どうぞお楽しみに~♪

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010年9月18日 (土)

祝!国道398 号線開通

祝!国道398<br />
 号線開通

本日は、花山から湯沢市へとぬける国道398号線が念願の全面開通!その祝賀式典に出席いたしました。

これで栗駒山麓の宮城県、秋田県、岩手県の温泉が以前のようにつながるわけです。

栗原市長、湯沢市長はもちろん、宮城県知事、秋田県副知事、さらには一関市長まで一堂に揃う祝賀会場。栗駒五湯のご主人たちにもお久しぶりにお会いできました。

会場列席者全員立ち上がり、みんなで声高らかに、バンザ〜イバンザ〜イバンザ〜イ!と三唱したのでございます〜。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ハイルザーム栗駒に新露天風呂が完成

ハイルザーム栗駒に新露天風呂が完成

県道の開通で行きやすくなったハイルザーム栗駒。

新しい露天風呂が完成しておりました。

露天風呂へつづく踏み石は実は中に床暖房が通っているのだとか!

ハイルザーム栗駒に新露天風呂が完成

雪が積もる季節になっても足元が冷たくなくホカホカ露天風呂へ行けちゃうというわけ♪なんだか雪見の季節が待ち遠しい感じですね。

今は少ない湯量の従来の源泉を加水加温してやりくりしているのですが、先日、新しい源泉掘削に成功し、温度、湯量ともに申し分のない状況だという情報。年内にはそちらに切り替えの予定だそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

祝!県道築館栗駒公園線

祝!県道築館栗駒公園線

行者の滝はこんなに迫力ある姿に変貌。

そのすぐ横から栗駒山へぬける県道が復旧し、17日に待望の開通式を迎えました。

祝!県道築館栗駒公園線

テープカットの後、車で行列走行〜。

祝!県道築館栗駒公園線

山脈ハウスまで行列走行して、地域の物産品がお出迎え。岩魚塩焼きのふるまいや様々な売店が並んで大賑わいです。

一番人気は高原大根。それと、お父さんお母さんのオシドリ夫妻が営む大判焼き屋さん。

祝!県道築館栗駒公園線

祝!県道築館栗駒公園線

蜂蜜とたまご入りの生地はサクサクふわふわ♪美味しゅうございました〜。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月16日 (木)

山ふところの宿 みやまにて

川渡温泉・山ふところの宿 みやまに到着〜。

わ〜い。

山ふところの宿みやま

金山杉の廊下を通って…。
お部屋に荷物を置いたら、まずは、いそいそと温泉へ。

山ふところの宿みやま

真っ黒くろすけで、ぬる湯。このスローモーションのような温泉は、たまらなく優しい。

山ふところの宿みやま

低空飛行のように首までお湯につかって、ただただ、じーっと湯面を見つめる。

お部屋に戻って、お布団にダイブ!

山ふところの宿みやま

ぼーっとする。

この繰り返しこそが至福。
ふぅ…。

葉っぱにぶつかる雨音もいいものですね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年9月15日 (水)

鳴子の温泉熱エネルギー

鳴子の温泉熱エネルギー

今日はホテルオニコウベで、鳴子の温泉熱エネルギーの勉強会に出席。

東北大学大学院の新妻教授の地域で生み出せるエネルギーを無理のない方法で地産地消することが、国づくりだというお話がおもしろかった。

温泉エネルギーを無理のない形で活用する。これは今、わたしの大きな関心事であり、研究推進中のプロジェクトのひとつ。

日本人の知恵の先にある、日本人らしい温泉熱エネルギー活用をサポートできたら…。

鳴子の温泉熱エネルギー

まだ、ちょっと病み上がりで体調がイマイチ。夕食は一汁三菜です。

野菜と玄米で大満足。今夜はパソコンしまって、ゆっくり湯治しま〜す。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

龍頭の雲

龍頭の雲

今日は秋らしい良い天気。

ただ今、陸羽東線で鉄子中。

空には大きな龍神さま。おでましありがとうございます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

朝大学夏学期・温泉クラス。卒業おめでとう!

昨年の朝大学講座スタートから講師をさせていただいている温泉トラベルプランナークラス。この夏学期の受験生は50名あまり。今期は草津・伊香保温泉でフィールドワーク。温泉旅に、どっぷりはまって無事に卒業を迎えました。

最終日のグループワーク発表は、今期もすごかった。
4つのグループそれぞれの異なる個性がフルに発揮されて、甲乙つけがたい素晴らしいプレゼンで、わたしはうれしくってウルウルしちゃいました。

そんな白熱した戦いの翌日、卒業パーティーを「フクモリ」で行いました。

朝大学夏学期・温泉クラス。卒業おめでとう!

山形県の食材満載のごちそうにお料理が運ばれるたびに、みんなのカメラが殺到〜。その様子が楽しくて、また撮影。

最後はグループの枠を越えて、夏学期クラスみんなが繋がろうよ!と盛り上がっていったのが、何よりうれしいイシイセンセイなのでした♪

みんなでつくった企画実現に向けて、わたしもがんばりま〜す。

今後の展開もますます楽しみな温泉クラスでございます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月13日 (月)

スパ王と再会♪

今日と明日は、国際展示場で行われている、SPA JAPAN2010の会場で講演。

わたしの講演テーマは「おもてなし空間〜旅スパを考える〜」です。

スパ王と再会♪

会場で打ち合わせしていたら、スパ王・丸山さんと遭遇。4月に美STORYで温泉対談して以来の再会です。

スパ話に花が咲いちゃって、またしても2人とも止まらなくなりそうな勢い。

旅スパは、個性の時代。これからますます面白くなりそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月12日 (日)

アジア留学生たちと!in鳴子温泉

アジア留学生たちのフィールドワーク

実はそのまま、鳴子へ向かいました。

立教大学観光学部の四年生、アジア留学生たちのゼミで鳴子温泉のフィールドワークをしている真っ最中。
わたしもゲスト講師としてサポートさせていただいているので、そのワークへ合流。というか乱入?

ちょうど翌日の湯巡り計画を研究中の生徒たち。ちょうどいいところへ飛んできた助っ人?に質問殺到。うれしくて楽しい時間になりました。

温泉もスイーツも♪と、よくばりプランのグループや、鳴子ならではのディープな温泉にチャレンジするグループ、徹底的に美肌追求のグループも。

いや〜、楽しい!まさに温泉多彩な鳴子ならではの研究ですね。

アジア留学生たちのフィールドワーク

ふぅ~。

静かな夜に、温泉に顔まで浸して、アース&チャージ!
久しぶりに爆睡したかも。

だから温泉巡りはやめられましぇ〜ん。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

花山・栗駒の温泉情報と手打ち蕎麦

花山の温泉と手打ち蕎麦

国道398号線がまもなく開通。待ちに待った宮城県・栗原市と秋田県・湯沢市が繋がるルートの復活です。18日には開通セレモニー。また当日詳しくお伝えしたいと思います。

さて、花山地区の温泉、以前からのファンの方も多いかと思います。

近況をお知らせすべく、出かけてみました。

寒湯と書いてぬるゆと読む「寒湯番所跡」は今年4月から営業再開。

隣接する「温湯山荘」は、新たに共同で掘削した源泉・よしの湯源泉を使って営業再開。

花山の温泉と手打ち蕎麦

さっそく、入浴〜♪

花山の温泉と手打ち蕎麦

泉質は、ナトリウム−塩化物泉、pH7.7の弱アルカリ性。泉質は同じですが以前の温泉よりもツルツル感があり、とろっとやわらかな入り心地。

佐藤旅館は秋から冬に向けて、入浴と休憩の施設としての再開を目指して準備進行中。湯栄館や駒の湯温泉も場所を変えての再スタートを目指して、みなさん一歩一歩進んでいらっしゃるとか。

くりこま荘、ハイルザーム栗駒はすでに営業再開。(各施設の営業時間などは事前にご確認をオススメします)三浦旅館は一度再開しましたが、現在メンテナンス中、営業開始はまだ未定のようですが、そろそろという噂。

ハイルザームには新しい露天風呂が完成しました。新源泉も掘削し、冬には湯量豊富な新源泉に切り替わる予定だそうで楽しみですね。

築館から栗駒山へ行く県道も17日に開通式!

にぎやかな秋冬になりそうです〜。

花山の温泉と手打ち蕎麦

ランチは山菜茶屋「ざらぼう」で、ぶっかけ手打ち蕎麦をいただきました。

さくさくで山の香りがふわっと広がる山菜や野菜の天ぷらや辛味大根などが、細めのツルツルしこしこのお蕎麦にのっかってます♪

やっぱり、くりはらに来ると、食べ物話題が増えちゃうなぁ〜(照)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年9月11日 (土)

たかまったの朝ごはん

たかまったの朝ごはん

昨夜は農家民宿「たかまった」に宿泊。

朝の主役はピカピカごはん!ご主人が育てたお米を静子さんがとびきりの腕前で炊き上げます。

甘みがあって美味しい野菜たちと大粒の川口納豆。

窓からは秋の気配がふわっと入ってきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

わざわざ行きたい場所

タッチ&ゴーで昨日は午後から宮城県へ。

わざわざ行きたい場所

栗原市で地域の市民活動を支援する講座。これから3か月にわたり「自分の夢」を形にして起業するための講座を担当します。

まずは、栗原市内の人気ショップ「カントリーストア」でイチ押しのじゃがいもピザでエネルギーチャージ♪ごろっと分厚いじゃがいもがほっくほくでもっちり。

わざわざ行きたい場所

市民の暮らしと交流できる自宅ショップは、旅人も「わざわざ行きたい場所」になるはず。

日本中に素敵な場所を増やしたい〜!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010年9月 9日 (木)

森のシルエットと温泉と。

森のシルエットと温泉と。

まっ白な壁に映った森のシルエットがゆらゆらと揺れています。

森のシルエットと温泉と。

目の前に広がる森。

もう、秋の風が吹いていました。

森のシルエットと温泉と。

森のシルエットと温泉と。

お部屋の露天風呂は、にごり湯。鉄分を含有し、赤褐色になっていきます。ザクザクしたミネラルぎっしり系。森のミストに癒されて、体の中までしっかりと動き出すような温泉でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月 8日 (水)

那須・二期倶楽部

那須・二期倶楽部

本日は那須高原にきております。

二期倶楽部で取材。森をお散歩して、露天風呂へやってきました。

湯舟の温泉は絶妙の温度、しっとりとした森に癒される温泉でした。

まもなく発売の話題の雑誌で、今月からこだわりの企画で新連載を始めます♪

詳しくは、また後で…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月 6日 (月)

なまはげ三昧&ご当地グルメ

なまはげ三昧&ご当地グルメ

ドンドコドンドコドンドコドン!うぉーーーっ!

なまはげさん、夜は太鼓叩いてました(笑)

夜は温泉交流会館「五風」で、なまはげ太鼓ライブ。300人くらいお客さんがいたかしら、とにかくぎっしり満員の会場は大盛り上がりですっごい熱気!

なまはげ三昧&ご当地グルメ

寝ても覚めても、なまはげ三昧。

なまはげ三昧&ご当地グルメ

ランチにはご当地グルメ「男鹿やきそば」をいただきました。しょっつるで味つけした焼きそば。このお店はシーフード系だったけど、具は各店様々で、男鹿中で30種類以上の男鹿やきそばがあるんです。きゃあ。いつの日か制覇してみたい〜♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月 5日 (日)

ほっこり男鹿温泉

ほっこり男鹿温泉

今宵の宿は男鹿グランドホテル。

2種類の源泉が内湯と露天風呂それぞれに使われています。

感触や色が少し違うので楽しい。

どちらも濃いめのナトリウム−塩化物泉。じわーっと温まる温泉でした。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

うぉーーーお!

うぉーーーお!

「うぉーーーお!」

なまはげ館に行ってきました。

なまはげさんは神様の化身といわれています。

大きな声やバンバンと叩いたり足を踏み鳴らして、悪霊を払い、幸せを運んでくれます。

男鹿を中心とした独特の風習で、60もの集落それぞれに個性あふれるなまはげさんがいらっしゃるなんて、はじめて知りました。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

教えたくない場所

教えたくない場所

知る人ぞ知る、地元のカフェで限定ランチをいただきました。

「珈音」(かのん)というカフェは、田んぼの道を入った民家の一部。土日しか営業しません。

ご主人はコントラバスの演奏家。忙しい音楽活動をしながら、土日だけ大好きな珈琲の店を開けているのです。

限定の「野菜のドリア」は農家で作る野菜とお米のご馳走。熱々でいただきます。あっ、ちなみに柱の向こうにちらっといらっしゃるのがご主人です。

もちろん!珈琲も抜群に美味しかった。まろやかなドリップか、ワイルドなプレス式、と入れ方が選べる。
「珈琲豆」の味をそのまま感じたければ、プレス式。と聞いたので、そちらをオーダー。

はじける香りにとしっかりしたコク。

「温泉地に美味しいコーヒーが飲める場所を増やしたい」活動推進中(勝手に命名)のワタシとしては、大変うれしい。でも、ちょっと秘密にしておきたい、すてきな場所でございました。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

男鹿の海

男鹿の海

青い〜♪

| | コメント (1) | トラックバック (0)

秋田へ

秋田へ

羽田空港から秋田へ…。

秋田は快晴、いいお天気です♪

もう、稲穂がずっしり実ってます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月 1日 (水)

温泉研究家への道

みなさま。

いつも応援してくださりありがとうございます。

8月27日、大好きな大好きな父が天国へ旅立ちました。

たくさんのみなさまからの温かいご理解に支えられ、またたくさんの励ましのご連絡をいただき、おかげさまで、ずっと父のそばで過ごすことができました。ありがとうございます。

思えば、わたしが温泉研究家という人生を歩むきっかけとなったのは、父との温泉旅でした。

最初の著書「温泉ビューティ」が誕生したのも、父のおかげです。

わたしの人生に「旅」という宝物を授けてくれた父と母に感謝して、これからもコツコツと旅を続けて行きたいと思います。

今週は東京で過ごし、今度の日曜日からは、また、旅、旅、旅の日々が始まります。

今後ともどうかよろしくお願いいたします。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »