« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

2011年1月31日 (月)

露天風呂+大海原+富士山〜の絶景

伊豆の温泉から戻り一夜明けて、早朝からお仕事モード。

テレビ番組のロケで近郊の穴場スーパー温泉をまわります。

まずは江の島。

露天風呂+大海原+富士山〜の絶景

お風呂と海がつながって…、その向こうには、富士山〜♪

昨日までの伊豆の温泉宿まるごと貸し切り旅のご報告は、後ほどゆっくり…。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011年1月29日 (土)

雪に埋もれ、海を眺め。ニッポンの旅はおもしろい

雪に埋もれ、海を眺め。ニッポンの旅はおもしろい

さっきまで雪まみれだったのに、もう車窓から海を眺めている…。

おもしろすぎます、ニッポンの旅〜♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

え〜っ?!ここにわさび?@旅ごはん

鉄子の旅ごはん。

泉友メンバーのひとり、駅弁達人のライター望月さん絶賛の、レア駅弁を東京駅グランスタでゲット。

「牛肉すき焼きチャーハン」by山水楼・小淵沢

え〜っ?!ここにわさび?@旅ごはん

すき焼きなのか?チャーハンなのか?すでに、ニッポンと中華のコラボが実現したタイトル。

そして、そして…、さらに誰も考えつかなかった究極のトッピングは!!

ど〜ん。

わさびですぅ〜♪

え〜っ?!ここにわさび?@旅ごはん

甘めのタレがしみこんだ、牛肉すき焼きと、パラリと仕上がったチャーハン、ここにわさびぃ〜?!

これから行く伊豆の旅へと夢が広がる、フュージョン駅弁でございました〜。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鉄子@東日本⇒東海⇒伊豆急

鉄子@東日本⇒東海⇒伊豆急

東京駅なう。

東北新幹線から東海道新幹線に乗り換えです。

そして、本日はこのまま伊豆の旅に突入しま〜す♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

白い世界のホットな隠れ家

はい。長靴です…。

白い世界のホットな隠れ家

五色沼合宿の帰り道、ホテリアアルトに冬の隠れ家ができたと聞いて、ちょっと寄ってみました。

白い世界のホットな隠れ家

お庭から雪の森へと向かいます。

小道を抜けると、キラキラと輝く冬の沼。

白い世界のホットな隠れ家

はい。到着しました〜。

白い世界のホットな隠れ家

テントの中でホットワインをいただきま〜す。

白い世界のホットな隠れ家

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雪の洞穴温泉

きゃ〜〜♪

ここはどこ〜?!

雪の洞穴温泉

温泉の向こうは、雪の洞穴です〜。

雪の洞穴温泉

湯舟から青空と森が見えました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月28日 (金)

豪雪の五色沼は−7℃

豪雪の五色沼は−7℃

今日は五色沼でミーティング。

磐梯周辺は豪雪です。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011年1月27日 (木)

読売新聞1月26日掲載のインタビュー記事

1月26日(水)偶然にも「フロの日」の読売新聞夕刊に、先日インタビューをしてくださった記事が掲載されました。

Photo

↑↑↑写真部分をクリックすると拡大します↑↑↑

きれいKIREIという連載の「癒」ナビゲーターとしてご紹介いただきました。

すてきな記事にしていただいて、ありがとうございます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月26日 (水)

草津温泉で二つの源泉を入り比べができる宿

今宵の宿は草津温泉「望雲」。

館内は、吹き抜けの空間にいつもすてきな生け花が飾られています。

草津温泉で二つの源泉を入り比べができる宿

若女将さんにお聞きしましたら、地元のフラワーアーティストさんに作品の場も兼ねてお願いしているのだそう。

通るたびに春の香り♪

草津温泉で二つの源泉を入り比べができる宿

外は雪が降ってきました。
のんびりとお部屋から眺める雪は格別でございます。
草津温泉で二つの源泉を入り比べができる宿

ここはね。西の河原源泉と万代鉱源泉が別々の湯舟に注がれていて、入り比べができるのが楽しみ〜。

さて。さっそく温泉へ行ってこようっと♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

きれいになる草津温泉の過ごし方

きれいになる草津温泉の過ごし方

本日は草津温泉にきております。

これから講演です。

みなさまありがとうございます。

*「草津温泉よいとこブログ」に講座の様子を書いてくださいました↓↓↓

http://blog.livedoor.jp/yoitokonet/archives/4034636.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

全国人気温泉ランキング

先日ロケに行っていた、テレビ番組が本日(26日フロの日)に放送されました。

日本テレビ スッキリ!!

ランキング探偵 「全国人気温泉ランキング」を調査↓↓↓

http://www.ntv.co.jp/sukkiri/contents/ranking/2011/new/index.html

わたしは、日頃、温泉地を旅していることが多いので、東京近郊の温泉施設に行ったのは久しぶりでした。

今回の番組コーナーのトピックスは、@niftyの人気温泉ランキング上位の温泉施設の人気の秘密をチェックすること。

多くの人が利用する施設でも、源泉に触れられる場所があったり、工夫を凝らしたアトラクションバスやサウナがあったり、こだわりの美味しい食事や癒しの施設、貸し農園や牧場があってリゾートファームになっていたり・・・。

人が集まってくる人気の施設には、日々、お客様を楽しませようとがんばっている方々がいて、それぞれこだわりの魅力がありました。

それから、トップ5の中に、“秘湯”の乳頭温泉・鶴の湯もランクインしていた。というのもちょっとうれしかったり…♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月24日 (月)

講演@大阪

わあ。久しぶりに高層ビルにおります。

講演@大阪

本日は大阪で講演して日帰り。

「夫婦で学ぶ、温泉力活用法」温泉を楽しむための基礎講座です。

みなさんの温泉旅がさらに楽しくなりますように…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月22日 (土)

農園のある温泉リゾートファーム

農園のある温泉リゾートファーム

本日も早朝からテレビ番組のロケにきております。

農園のある温泉リゾートファーム

この温泉はリゾートファーム。温泉施設の隣には、貸し農園があったり、森の中で乗馬ができたり…。

詳しくは、来週26日(水曜日)、日本テレビ「スッキリ」ランキング探偵(朝9:30前後〜)をお楽しみに〜♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月21日 (金)

人気ランキング上位の温泉は…?

テレビカメラが温泉の横にスタンバイ。
営業時間の前までに撮影です。

人気ランキング上位の温泉は…?

東京近郊のとある温泉施設で、温泉リポート。

人気ランキング上位になる温泉とは…?

手の平からは、まだ、芳しい温泉の香りがします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東京近郊の日帰り温泉へ。

東京近郊の日帰り温泉へ。

おはようございます。

今日と明日は、テレビ番組のロケで、東京近郊の日帰り温泉で撮影です。

営業時間外に撮影をする部分もあるので、早朝からの出発。でも電車はすでにけっこう人がいっぱいです。

まだ夜が明けない街に、満月がピカピカしてました。ちなみに、下から青信号、街灯、満月、星の順です。
テレビ番組放送の詳細は、また後日お知らせします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月20日 (木)

【旅カフェ】M's カフェの焼きカレー

旅カフェリポート。

【旅カフェ】M's<br />
 カフェの焼きカレー

昨日、ニセコで立ち寄ったカフェでランチ。

【旅カフェ】M's<br />
 カフェの焼きカレー

ごはんの上にコクのあるキーマ系カレー、辛さ、甘みのバランスがGOOD!真ん中にトロトロ温泉卵、チーズたっぷり、野菜がごろっとのった「焼きカレー」。

美味でございました〜♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月19日 (水)

森の天空露天風呂@ニセコ昆布温泉郷・ホテル甘露の森

森の天空露天風呂@ニセコ昆布温泉郷・ホテル甘露の森

ニセコエリアには、たくさんの温泉郷が点在し、それぞれに違う源泉というのも魅力。

ニセコ昆布温泉郷に立ち寄りました。

甘露の森の「森の天空露天風呂」は湯舟に入ると、雪の白い森にふわりと浮かんでいるような気分。

泉質は、含硫黄−ナトリウム・カルシウム−塩化物・炭酸水素塩・硫酸塩泉。

三大美人泉質の硫黄泉、炭酸水素塩泉、硫酸塩泉と、あたたまりの塩化物泉が複合するマルチ型の泉質です。

ほのかに香る硫黄とやわらかな感触に癒される温泉でございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

美麗露天風呂。ニセコ東山温泉

今回の滞在はニセコ東山温泉郷のヒルトンニセコビレッジ。

羊蹄山ビューの露天風呂は、白い世界にかけ流しの赤褐色のにごり湯。

キーンと冷えた森の空気にほかほかの温泉の湯煙り…。

ニセコ東山温泉

わたし、こういうの見ると思わずつぶやいてしまうんです。「おいしそう〜」

なんとも美麗なる温泉ですね。

泉質はナトリウム−塩化物泉、成分総計7413mg/kgで塩分濃厚、しっかりとあたたまる温泉でございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

超神秘。パワースポット・支笏湖の月の道に遭遇

超神秘。パワースポット・支笏湖の月の道に遭遇

今宵はことのほか、満月が美しい。

透明度日本一の凍らない湖・支笏湖に輝く「月の道」。

魅惑的な神秘の情景でございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ニセコのカフェの窓が、こんなことに〜。

きゃ〜、すごい。

最高気温がマイナス3℃!
窓のつららも、こんなことに〜。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月18日 (火)

支笏湖をぐるりと周り、通過中。

支笏湖をぐるりと周り、通過中。

恵庭岳がくっきり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

北の大地に到着です

北の大地に到着です

新千歳空港に到着〜♪

ただいま、マイナス1℃。これからニセコに向かいます〜。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夜明けのレインボーブリッジ

夜明けのレインボーブリッジ

本日は北へ…。

空港に向かう車窓にて、美しい大都会の夜明けを眺めて、ドリンク剤をグビリ。(苦笑〜)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月14日 (金)

目覚めの温泉と、ぼーっとできる朝ごはん

おはようございます・・・。

ベッドから3歩進めば湯ヶ島温泉♪

Dsc05878111

はあ。ダイナミックな川の流れで目覚めました。

そして、朝食はお部屋へも運んでもらえます。

というわけで、“ぼーっとできる朝ごはん”な、ひと時でございます。

Photo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

60種類の野菜料理が土の上からにょきにょきと・・・

Dsc05848yasai

アルカナイズの吉田料理長のスペシャリテ「大自然・伊豆の輝き」。

ガラスの下には土、大地からにょきにょきと出現しているかのような、野菜たち。

マリネ、ピュレ、フライ、生サラダなどなど、この一皿に60種類のお料理が載っているんです。

ひとつひとつ味わっていただく楽しみ・・・、自然の五感が刺激されるビューティフルな晩餐でございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月13日 (木)

湯ケ島温泉・アルカナイズ

湯ケ島温泉・アルカナイズ

久しぶりにアルカナ イズに泊まってます。

この場所は水と山のパワーがいっぱいで心身が浄化される気がします。

大好きな湯ケ島のお湯と、野菜がいっぱいの楽しくて幸せなごちそうで、もう眠くなってしまいました。

本日はこれにて、おやすみなさい…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月12日 (水)

貸切露天風呂・子宝の湯

東府やの温泉は、アルカリ性単純温泉。やわらかな優しいお湯でほっとする癒し系。

子宝の湯として歴史を重ねてきた吉奈温泉は、徳川家康さまの側室お万の方さまがたひたび訪れて、後の紀州さま水戸さまというお二人のお子様に恵まれたというお話も。

貸切露天風呂・子宝の湯

貸切露天風呂になった「子宝の湯」。

貸切露天風呂・子宝の湯

深めでたっぷりの湯舟が贅沢。

肩までゆったりと温泉にしずめてお湯が注がれる水音を聞く、静かな静かなひと時でございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

暖炉のあるロビーでほっこりと。

暖炉のあるロビーでほっこりと。

吉奈温泉・東府やにきております。

約一年のお休みを経て、昨年11月にリニューアルオープン。といっても、まださらにリニューアルは進行中。奥にあった別の旅館も統合して、カフェや遊歩道、スパ施設など、5月連休ごろグランドオープン予定だそう。

エントランスロビーは一新されて、別世界。

暖炉の暖かさに迎えられて、ほっこり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

五度目の富士山

五度目の富士山

鉄子@踊り子で修善寺へ向かっています。

車窓から今年五度目の富士山。

雪化粧が美しい〜♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月 9日 (日)

運転手さん乗車〜♪鉄子@しなの鉄道

運転手さん乗車〜♪

鉄子@しなの鉄道

別所温泉のご報告もできぬままですが〜、上田からしなの鉄道で長野へ…。

昨日は北向観音さまへお参りいたしましたので、片参りにならないように本日は南向きの善光寺さまへ向かいます〜♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鹿教湯温泉・氷灯ろう夢祈願

別所温泉では、夜の「遊らんバス」というのがありまして、30分ほど走ると、鹿教湯温泉に到着。

1月31日まで行う「氷灯ろう夢祈願」を見に行くミニツアー。

鹿教湯温泉・氷灯ろう夢祈願

雪化粧した、文殊堂や薬師堂がライトアップされ、約200個の氷灯籠が続く幽玄の世界。

鹿教湯温泉・氷灯ろう夢祈願

鹿教湯温泉・氷灯ろう夢祈願

すてきなナイトトリップでございました。

別所温泉さんぽ、お宿、温泉のことなどなど、ご報告したいことがいっぱいですが、いいお湯に入って眠くなってまいりました。今宵はもう、おやすみなさ〜い…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月 8日 (土)

別所温泉駅はレトロロマン

本日は別所温泉。

別所温泉駅はレトロロマン

駅がすてきで、ぼーっとたたずんでしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鉄子@上田電鉄

本日は長野県です〜。

温泉口?って、楽しい。

鉄子@上田電鉄

ここから上田電鉄に乗って別所温泉へ〜♪

鉄子@上田電鉄

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月 6日 (木)

伊豆長岡温泉・正平荘

伊豆長岡温泉に来ております。

正平荘のおつき菓子は、小戸橋製菓の“苺生どら焼き”でした♪

伊豆長岡温泉・正平荘

地元の苺で自家製ジャムをつくってホイップクリームと餡をブレンドしているのだそうです。ミニサイズでほどよいおやつ。美味でございました〜。

お部屋へ行く途中に大浴場の前を通ったら・・・。

湯上がり牛乳〜がならんでいました。きゃあ、あとでいただこうっと。やっぱり、温泉⇒牛乳はお約束ですね。

伊豆長岡温泉・正平荘

料亭旅館だったころを思わせるお部屋。

伊豆長岡温泉・正平荘

縁側の外は「マイ露天風呂」と「マイお庭」、こんな隠れ家があったらいいな〜という感じ。

伊豆長岡温泉・正平荘

はぁ・・。ここに籠って執筆したいです。なんか、小説とか書けそうな気がする(?!)

お料理がビューティフル♪

わたし、懐石の前菜が大好きなのですが、こんな風にキレイな盛り付けで出てくると、さらにテンションあがってしまいます。

Zensai_3

お酒好きな方でしたら、この一皿で1時間くらいまったりと飲めそう。

美食⇒マイ温泉な一夜でございます〜。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月 5日 (水)

高山さんぽ〜旅カフェ〜

こんにちは。高山あるこです。

高山さんぽ〜旅カフェ〜←Who are you?

岐阜県の高山でお集まりがありまして、その前に旅さんぽを楽しんでおりました。

いい香りにひかれて、みたらしだんごをいただいたり…。

高山さんぽ〜旅カフェ〜

レトロな町並みを、ぶらぶらと。

高山さんぽ〜旅カフェ〜

実はわたくし、“旅カフェ”が大好き。

旅の途中にすてきなカフェを見つけて立ち寄り、ぼーっとブレイクするのが、幸せ〜でございまして。

高山には酒蔵がたくさんありますが、それぞれのお店がまた、素敵。蔵をアレンジしてギャラリーのようにお酒が並んでいたり、一枚板のカウンターで試飲ができたり、奥に進むと、カフェやレストランがあったりします。

「cafe青」は、インテリアコーディネーター住さんの手がけるお店。これも酒蔵の奥にあります。

わたしがセレクトしたスイーツは、「飛騨りんごのクランブル」。

高山さんぽ〜旅カフェ〜

地元飛騨りんごは蜜入りの甘さが特徴。これを熱々のフィリングにして、サクサククランチとバニラアイスクリームをオン。

「お好みでラム酒をかけてお召しあがりください。」
これがまた、美味でございまして…、うぃ〜♪(やや酔い)

軽やかな香りのコーヒーとオリジナルの豆菓子。

高山さんぽ〜旅カフェ〜

プレゼンテーションがかわいい。

和空間におかれた椅子とテーブルが気に入って、お聞きしたらオリジナルだそう。

日が暮れたら急に冷え込んできました。

宿はスパホテル アルピナ飛騨高山。

高山さんぽ〜旅カフェ〜

最上階の源泉つぼ湯につかって、夜空を見上げてほっこりとあたたまり。

高山さんぽ〜旅カフェ〜

真っ白なベッドでおやすみなさ〜い。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011年1月 4日 (火)

鉄子@乗り換え

鉄子@乗り換え

名古屋で乗り換え。車内はみそカツ率高め。

いや〜ん。逆さま走り…(泣)岐阜県に入るまでの我慢なのだみゃ〜。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

兎と白龍が富士山に

2011初鉄子@東海道新幹線で移動中でございます〜。

富士山を追いかけておりましたら…。

あら。うさぎさんが雲に乗って現れました。

兎と白龍が富士山に

ぴょんとうさぎが跳ねた後は…。

白龍さまと富士山♪

兎と白龍が富士山に

ありがとうございます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月 3日 (月)

開運のぼりたい焼き〜♪

お正月にちなんで、もうひとつご報告。

丸の内朝大学の秋学期、温泉トラベルプランナークラスでは、箱根を研究テーマにフィールドワークとグループ研究発表を行いました。

受講生のみなさんの自主トレも活発で、フィールドワーク以外にも箱根旅でさまざまな“おもしろ旅情報”を収集。すばらしい旅プランがたくさんできました。

その中にピックアップされた、パワースポットのひとつ、塔の沢温泉の「開運のぼりたい焼き」へ行ってきました。

開運のぼりたい焼き〜♪

塔の沢駅の近くにある「お花見茶屋」。おとうさんとおかあさんが営んでいるお茶屋さんで、弥八恵比須大黒天さまができたのを機会に、恵比須大黒天さまが持っていらっしゃる「鯛」のたい焼きを名物「開運のぼりたい焼き」として発売、知る人ぞ知る(?!)人気になっております。

楽しいのは、自分で作れる体験ができること。(要予約です)

ご主人が師匠となって、作り方を伝授してくれます。

開運のぼりたい焼き〜♪←超真剣!

そうそう。そおっと餡をおとしてね・・・。

Taiyaki2_2 ←超真剣!

きゃあ。完成ですぅ~。っていうか、わたしよりももっと「どやっ顔」のご主人に注目~♪

Taiyaki3_2

ほっかほかのもっちもち。開運まるごといっただきま~す。

開運のぼりたい焼き〜♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

箱根・芦之湯温泉鶴鳴館松坂屋本店の離れ「洗心亭」リニューアル

ご報告が年越しになってしまいました。

箱根・芦之湯温泉の鶴鳴館 松坂屋本店の離れが11月にリニューアルされて、源泉かけ流しの半露天風呂とお庭を眺める源泉足湯ができたとお聞きして、さっそく泊ってまいりました。

Sensintei1

洗心亭は、お庭に面した平屋の離れで、お宿の一番奥にあります。

もともと温泉の内湯がありましたが、そこを改装してこんなすてきな半露天風呂に。

箱根・芦ノ湯温泉鶴鳴館松坂屋本店の離れ「洗心亭」リニューアル

わたし、こういう職人の工夫が冴える手作りのリニューアルを見ると、感動してうるうるしちゃいます。

なんといってもこの窓がすばらしいのです。しめれば内湯、開ければ半露天のコンバーチブルスタイル!もう、このまんま、自宅に持って帰りたい!お風呂でございます。

大きなガラス窓の鍵をがちゃりと開けて、オープンすると外はウッドデッキと情緒ある照明、その向こうは庭です。で、ガラス戸が風でバタバタしないように、ウッドデッキに止められる穴があり、そこに固定できる仕組み。このアナログなつくりが、たまらなく愛おしくて「うるっと」きてしまうわけです。

もちろん、自家源泉かけ流し。

箱根・芦ノ湯温泉鶴鳴館松坂屋本店の離れ「洗心亭」リニューアル

この看板にも歴史と誇りを感じます。

源泉温度が51.9℃と熱いので、温泉の蛇口と水の蛇口がありますが・・・。ふふふ♪プチ湯守といたしましては、源泉を出したり止めたりして湯船の温度を調整!源泉100%で入るために努力を惜しまないのでございます(どやっ顔(笑))

そして、もうひとつ、今回のリニューアルのお楽しみは、縁側の専用足湯。

箱根・芦ノ湯温泉鶴鳴館松坂屋本店の離れ「洗心亭」リニューアル

お庭を眺めながら入ったり・・・。

夜はここで、泉友達とまったり。ガールズトークに花が咲きました。

箱根・芦ノ湯温泉鶴鳴館松坂屋本店の離れ「洗心亭」リニューアル

洗心亭は広いので、数人で一緒に泊りたいという女子会な旅や家族旅におすすめ。

貸切気分で楽しめました。

部屋のお風呂もいいのですが、やっぱり、わたしは湯宿の大浴場が大好き。

松坂屋本店は、自家源泉1本を守り、100%かけ流しを貫いているので、宿泊者のチェックイン時間に合わせて毎日お湯を入れ替えているため、立ち寄り入浴は行っていません。

と、いうわけで・・・。チェックインちょうどの時間を目指して行き、まっさらな温泉にどぼん♪

箱根・芦ノ湯温泉鶴鳴館松坂屋本店の離れ「洗心亭」リニューアル

写真でご覧いただけるように、手前の湯船はまだ透明に近い状態、向こうの大きい湯船は空気に触れる面が多いので、先に白濁し始めております。入ると空気が混じり、硫黄がコロイド粒子化されてふわふわと湯の花が出てきます。

注ぎたてのフレッシュな温泉に入るのは、まるで、降り積もった新雪にサクサクと足跡をつけるようなもの。このように贅沢な幸せにうっとりでございます。

泉質は、含硫黄-カルシウム・ナトリウム・マグネシウム-硫酸塩・炭酸水素塩泉。pH8.1の弱アルカリ性。はい。以前にもブログやメディアなどでもお伝えしておりますが、三大美人泉質である、「硫黄泉」「硫酸塩泉」「炭酸水素塩泉」の成分を全て含有するマルチビューティ型の温泉。しかも、弱アルカリ性でやさしい感触。

お肌つやピカの一夜でございました♪




| | コメント (0) | トラックバック (0)

本当に満足できる宿にしかもう泊りたくない!という特集

講談社発行の雑誌「Grazia2月号」(2010年12月27日発売)で、こんな特集のご取材をいただきました。

Grazia2

大人の女の“うっとり”宿ベスト10

【20代に比べて、宿に対する要求もそれなりに高くなっている30代。心身をリセットするための場所なのだから、本当に満足できる宿にしかもう泊りたくない!】

というリードで始まるこの特集は、ちょっと新鮮でございました。

特集のページをひらくと、今回の宿を選定した賢者が考える、本当に満足できる“名宿”の条件とは?というインタビューが載っています。

しかも実名入りで・・・。これは責任重大でした。

わたしのコメントもお答えした通りにそのまま掲載されておりました。

「わたしが本当に泊りたい宿ってどんな宿だろう・・・?」

いつもいつも、何度も何度も自分に投げかけている質問ではありますが、今回のご取材はそれをもう一度考えるよい機会でした。

賢者のみなさまのコメントもとても興味深く、なるほど~、と読ませていただきました♪

今回セレクトされている10軒は、Grazia読者に“今”おすすめの宿ということを加味して選びましたので、「本当に泊りたい宿」は、もちろん!まだまだいっぱいありますけれど・・・。

わたしは、温泉が大好きですが、湯船に入るというだけでなく、「湯宿」という空間や時間のすべてが、たまらなく大好き。

今年も、すばらしい温泉宿を探究して、コツコツと旅を続けてまいります!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »