« 温泉エネルギー活用のシンポジウム~情報を追記~ | トップページ | 祝!命名 »

2011年3月 9日 (水)

小浜温泉おもしろ散歩

昨日まで長崎県・雲仙市の小浜温泉でした。

お宿は伊勢屋旅館、露天風呂からは、海岸線と熱々源泉の湯けむりがあちこちからあがるのが見えます。

深めの湯船で気持ち良い。しっかり温まるナトリウム-塩化物泉。

小浜温泉おもしろ散歩

翌朝は、「小浜温泉サルク」の街歩きに参加しました。

路地がすてきな温泉街散歩。

小浜温泉おもしろ散歩

あちこちに湧き出す源泉は90℃~105℃という超高温。

小浜温泉おもしろ散歩

たまごを源泉で茹でると、温泉たまごではなく「ゆでたまご」になります。

かと、思えば、1本路地を入ると、清らかな湧水が・・・。

小浜温泉おもしろ散歩

さらに、不思議なのは、そんな温泉街の真ん中に低温の「炭酸泉」も自噴しているということ!!

小浜温泉おもしろ散歩

二酸化炭素ガスがプチプチと音を立てて湧出、硫黄の香もプンと漂います。

温泉散歩をしたら、今度は温泉グルメです♪

小浜はちゃんぽんの街。あちこちのお店で個性あふれる「小浜ちゃんぽん」がいただけます。

人気店のひとつ「蛇の目」は、実はお寿司屋さん。

小浜温泉おもしろ散歩

でも、なぜかみんなが押し寄せるのは蛇の目のちゃんぽんです。

実は2日続けてお昼に通いました(笑)

1日目は正統派「ちゃんぽん」。野菜たっぷり、塩旨味。真ん中にたまご。

小浜温泉おもしろ散歩

2日目は「スープ麺」という名前のミルクちゃんぽん。コクとミルクの甘塩味。

小浜温泉おもしろ散歩

そんでもって、仕上げのおやつは温泉を使った「湯せんぺい」

小浜温泉おもしろ散歩

“通”は、「みみ」を購入するというので、わたしも「みみ、ください~!」と叫んでみました。

小浜温泉おもしろ散歩

「みみ」とは、湯せんぺいを焼く時に、丸い湯せんべいの周りをカットした端っこの部分のこと。カリっとしたせんぺいとふわふわモチモチの部分がくっついていて・・・やめられない止まらない~。

|

« 温泉エネルギー活用のシンポジウム~情報を追記~ | トップページ | 祝!命名 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/149491/51077548

この記事へのトラックバック一覧です: 小浜温泉おもしろ散歩:

« 温泉エネルギー活用のシンポジウム~情報を追記~ | トップページ | 祝!命名 »