« 本日は福島県の温泉へ | トップページ | 中伊豆・達磨山で気候・地形療法トレッキング研修しました »

2011年4月10日 (日)

福島県の湯宿。昨夜もお客様で満館でした。

福島県・須賀川温泉、おとぎの宿「米屋」へ行ってきました。

4月1日から営業を再開。お客様はいらしてくださるかしらと、心配していた女将さんでしたが、うれしいことに翌日の週末は全室お客様で満館になったそうです。

そして、2回目の週末だった昨夜も、全室にお客様が入っていました。

女将さん、社長さん、スタッフのみなさんが、笑顔いっぱいで迎えてくださり、出かけてきてよかったと思いました。

2月末から、お宿の半分をリニューアル工事に入り、10室での特別営業ではありますが、まだ新幹線も那須塩原までの折り返し運転という状況の中で、関東各県や東京からもお客様が泊まりにいらしております。

続々と到着するお客様の様子を拝見して、すごいな。と思いました。

「来たよ」「大丈夫だった?」「今日は楽しませてもらいますね」

そんな言葉が聞こえてきます。

スタッフのみなさんの、いつもと変わらぬ笑顔に癒され。

福島県の湯宿。昨夜もお客さまで満館になりました。

ほっとくつろげる、あたたかな空間があって。

福島県の湯宿。昨夜もお客さまで満館になりました。

「ふう。」と心身を解放して、自家源泉かけ流しの湯船でぼーっとするひと時。

「とろとろつるつる」のアルカリ性単純温泉は、今日もこんこんと湧き続けております。

福島県の湯宿。昨夜もお客さまで満館になりました。

目でも舌でも心でも楽しめる名物の夕食。

当面は、安心安全な食材での料理長おまかせ会席、ということで、「春の幸福会席」と名付けられておりました。

福島県の湯宿。昨夜もお客さまで満館になりました。

大切に育てられたお米の炊きたてピカピカのごはんがあって。

福島県の湯宿。昨夜もお客さまで満館になりました。

そのごはんが思わずすすんでしまう・・・こだわり納豆や玉子などが並ぶ朝食。

福島県の湯宿。昨夜もお客さまで満館になりました。

ずっと変わらぬ、この宿の“いつものおもてなし”。

この“いつもと変わらぬ”ことを再開し、続けることが、今どれだけ大変なことか・・・。

そして、それを求めて、“いつも通りに来たよ”と、お客様がやってくる。

人と人の縁と絆ってあったかい。

心が熱くなる、そんな湯宿の一夜でございました。

|

« 本日は福島県の温泉へ | トップページ | 中伊豆・達磨山で気候・地形療法トレッキング研修しました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/149491/51353897

この記事へのトラックバック一覧です: 福島県の湯宿。昨夜もお客様で満館でした。:

« 本日は福島県の温泉へ | トップページ | 中伊豆・達磨山で気候・地形療法トレッキング研修しました »