« ラジオに16:00〜生出演!@大宮駅前スタジオアルシェ | トップページ | 滑川温泉、涼やかな川の水音と硫黄の香り »

2011年8月22日 (月)

丸の内朝大学・東北温泉大学「福島温泉大学」

丸の内朝大学・東北温泉大学「福島温泉大学」では

丸の内朝大学・東北温泉大学クラス。

福島温泉大学の授業は、高湯温泉から届いた甘い桃の香りと、奥会津の天然炭酸水で、テンション高めに始まりました。

まずは、来月の東北FW温泉旅に向けて温泉基礎知識「泉質と入り方」、福島の温泉の講義を石井が担当。

丸の内朝大学・東北温泉大学「福島温泉大学」では

ゲストは奥会津から。玉梨八町温泉のエリアは天然の炭酸泉が湧出する希少な温泉地です。

秘湯のお宿「恵比寿屋」を営む坂内さんに、「福島」「奥会津」を熱く本音で語っていただきました。

「震災の時は浜の地域に駆け付けて支援をしていたわたしたちが、今回の豪雨大洪水で大変な時に浜の人たちに助けていただいた」と話す奥会津の坂内さん。本当に人は持ちつ持たれつなんですねというお話が印象的でした。

奥会津の豪雨水害は想像を絶するものでした。かつてわたしが旅した奥会津の風景は激変していました。

それでも、恵みの温泉はこんこんと湧き続けています。

わたしたちにできること。それは、知って応援!行って応援!

昨夜は、奥会津から駆けつけてくださったみなさんと、某酒場で盛り上がり・・・。只見線が当分復旧が難しいのであれば、紅葉シーズンに「線路を歩こう」イベントとか、やっちゃいませんか?なんて言うと、「いや、いっそのことスタンドバイミーみたいに、手漕ぎのトロッコとか走らせようよ」なんていうアイデアも飛び出しました。

逆境に負けない「今の奥会津」を楽しむ企画、がんばって考えたいと思っています。

|

« ラジオに16:00〜生出演!@大宮駅前スタジオアルシェ | トップページ | 滑川温泉、涼やかな川の水音と硫黄の香り »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/149491/52548905

この記事へのトラックバック一覧です: 丸の内朝大学・東北温泉大学「福島温泉大学」:

« ラジオに16:00〜生出演!@大宮駅前スタジオアルシェ | トップページ | 滑川温泉、涼やかな川の水音と硫黄の香り »