« 広島〜@鉄子 | トップページ | 井筒楼@愛知県・渥美半島 »

2012年4月25日 (水)

宮浜温泉・庭園の宿石亭

なんやら雅な雰囲気のお風呂がお部屋の2階の和リビングに鎮座しております。

宮浜温泉・庭園の宿石亭

ここにゆる〜くつかって、お月見がしたいなぁ…などと想像が広がります。

宮浜温泉・庭園の宿石亭

窓辺の広い机、畳に低座椅子、これ一番落ち着きます。

お茶室みたいな寝室。

Sinsitsu

さっすがだなぁと、思ったのは、男女別温泉の露天風呂に、どちらも桜の木と紅葉が植えてあったこと。

宮浜温泉・庭園の宿石亭

どっちの季節もいいとこどり。

宮浜温泉・庭園の宿石亭

庭園を囲んで高床式離れタイプの客室が点在。

その純日本風のイメージとは別世界の楽しい隠れ家が、床下に…!

宮浜温泉・庭園の宿石亭

お気に入りの椅子を見つけて腰かけると・・・。庭の池の向こうに宮島。

宮浜温泉・庭園の宿石亭

ゆるゆると庭を散歩して、いろんな場所に腰掛けて、スーパーライブラリーにたどり着き、お宝探し。

わたしが発掘したのは、「そば猪口ばっかり載っている事典」と「地形入門」の本〜♪
さっそくお部屋へ持ち帰り、宮島と瀬戸内海を眺めながら、ワクワク読書。

宮浜温泉・庭園の宿石亭

暮れゆく庭にたいまつの灯り。

宮浜温泉・庭園の宿石亭

最初の一皿で美味しさに悶絶した前菜。

Kanngeki

手前のお皿の真ん中にある「穴子三味」は、穴子を一晩漬け込んだ西京味噌焼き、桜チップで軽く燻製にしたスモーク焼き、そして、山葵でいただく正統派の白焼き。穴子ってこんなに、こんなに美味しかったなんて・・・。

食前酒の地酒をちびりちびりといただきながら、この穴子三味を少しずついただくと、じ~んと幸せがにじみ出てまいります。

瀬戸内海の海の幸やらお肉やら、しみじみと堪能させていただきまして、そして、ドラマチックな夕食のフィナーレは、穴子釜炊きごはん~♪

Anago

芳ばしく焼かれた穴子とぷりぷりと炊き上がったごはん。美味しすぎます。コレ・・・(涙)

宮浜温泉・庭園の宿石亭

|

« 広島〜@鉄子 | トップページ | 井筒楼@愛知県・渥美半島 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/149491/54553050

この記事へのトラックバック一覧です: 宮浜温泉・庭園の宿石亭:

« 広島〜@鉄子 | トップページ | 井筒楼@愛知県・渥美半島 »