« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »

2014年1月31日 (金)

「ONSEN~黄昏時」発売に先駆けて予約開始!!

ついに、第2弾のONSENの音楽CDが発売されます。
「ONSEN~黄昏時」2月26日にユニバーサルミュージックから発売です。

 
Dsc00056
 
Amazonで予約注文が開始してました~!!
うれしくて、さっそく注文してしまいました(笑)
↓↓こんな説明が掲載されておりました。ありがとうございます。
    
温泉ビューティ研究家、石井宏子監修による温泉のように癒されるリラクシング・アルバム第2弾。夕方から夜にかけての時間にぴったりな選曲で、のどかな温泉で沈む夕陽を眺めているような気分になれる穏やかなアコースティック・サウンドの楽曲を収録。温泉宿ではもちろん、自宅に居ても温泉で癒される気分になる1枚。

| | コメント (0)

2014年1月30日 (木)

STAP細胞の発見は、温泉ビューティにも期待大!!

「STAP細胞(刺激惹起<じゃっき>性多能性獲得細胞)」

初めて知った言葉でした。
理化学研究所発生・再生科学総合研究センターの小保方晴子さんが発表した、新万能細胞のニュースを聞いて、とってもワクワクしてきました。
まだ、マウスでの実験ですが、リンパ球をpH5.7の弱い酸性の溶液に30分入れるという刺激によって、細胞が初期化する。ということを研究・実証したのです。
詳しくは、こちらを御参照ください↓
 
これって、弱い酸性の液体の刺激によって細胞が活性して生まれ変わってしまう。つまり、ある意味アンチエイジングにつながるっていう可能性にもなるのでは~?!
 
そうなると、そうなると、程よい酸性の温泉に入ると適度な刺激によって、肌も活性してアンチエイジングへ・・・・なんていうことも、この小保方さんの「STAP細胞」の劇的な発見によって、研究実証が進む可能性もあるのでは?
 
そしたら、温泉ビューティにもうれしい発見なのでは??な~んて、どんどんうれしい想像は広がっていくのでした。
 
Photo_2
 
「研究者の仕事は世の人のため。一生懸命に頑張っていれば、いつかきっと誰かが評価してくれる」
おばあさまのその教えに励まされて、コツコツと研究を続けてきたという小保方さんの言葉にも感銘を受けました。
 
「温泉ビューティ」の研究も、三歩進んで二歩下がる・・・みたいなこともたくさんありますが、日々試行錯誤、わたしもコツコツがんばって行きたいと思います!

| | コメント (0)

雪景色の温泉と寒ちぢみほうれん草

寒ちぢみほうれん草、甘くて美味しいですよね~。

 
雪景色の宿の夕食で、これを目の前で湯がいてくれたのが忘れられません。
 
Dsc0741333333
 
「寒い時こそ雪の中の温泉へ~美肌温泉の愉しみ~」という記事を書いたのですが、温泉ビューテ食いしん坊のワタシは、この宿の“寒ちぢみほうれん草”を食べに、また行きたい・・・などとも思ってしまいます(笑)

「寒い時こそ雪の中の温泉へ」
http://www.skincare-univ.com/daily/column/002194/
 
1111
 

| | コメント (0)

2014年1月20日 (月)

バリ島の端っこの温泉リゾートへ

バリ島・ヌサドゥアから車で4時間半!

北西の端っこ。ムンジャンガン島の近くにある温泉へ向かいました。

バリ島の端っこの温泉リゾートへ

Mimpi resort menjanganにやってきました〜。

バリ島の端っこの温泉リゾートへ

茅葺き屋根のヴィラが点在。ここが我が家です。

中には天蓋つきのベッド。
バリ島の端っこの温泉リゾートへ

ロマンチック〜な感じですが、つまり「かや」の中で寝る=虫よけを兼ねているんです。
これは、自然をダイレクトに感じながら滞在するオープンなヴィラにはうれしい配慮。虫がぷ〜んと来て眠れないなんてことがなくて安心でした。

そして、そして、なんといっても、温泉です!

専用の源泉かけ流し温泉がついているんです。

バリ島の端っこの温泉リゾートへ

いつでも、何度でも、もちろん水着なしで日本の温泉と同じく楽しめる露天風呂です。

源泉は44〜5度くらいで注がれていて、40度くらいの適温になってました♪

湯量も自分で蛇口で調整できるので、滞在中、湯守をして、好みの温度でずーーーっと入れるのが最高に幸せでした。

ナトリウム・カルシウムー硫酸塩・塩化物泉。
硫黄の香りもほんのり。塩と硫黄の美味しい昆布茶味。
やわらかくて、なめらかでしっとり系美人温泉、大好きなタイプの泉質で、もう、うれしくて「目がハート」です(笑)

温泉⇒湯上がりにごろん、ができる東屋が温泉のすぐ隣に♪

バリ島の端っこの温泉リゾートへ

こんなオープンなシャワーも、い〜感じです〜。

バリ島の端っこの温泉リゾートへ

パブリックの温泉はラグーンビュー。
マングローブの森がワイルドです。
源泉がすぐ横にあって、たくさん注がれているのでフレッシュ、湯舟は40度くらいの適温。

バリ島の端っこの温泉リゾートへ

こちらはナチュラルスプラングのプール。常温という感じで冷たくはありません。pH7.6って書いてありました。

バリ島の端っこの温泉リゾートへ

夕暮れの入江を眺めて、サンセットカラーのカクテルなんて、たのんでみました。

リゾート〜な感じ♪

バリ島の端っこの温泉リゾートへ

夕食はナシゴレンをいただきました。

バリ島の端っこの温泉リゾートへ

わ〜、よくみたら、ベッドの上にいたのは、ぞうさんでした〜♪

バリ島の端っこの温泉リゾートへ

おやすみなさい〜。

| | コメント (0)

2014年1月19日 (日)

ビーチで昼寝@バリ島

ビーチで昼寝@バリ島

取材のお仕事終えて、ビーチで昼寝〜♪

椰子の葉が海風でさわさわ。
水平線と白い波。
バリ島では今が旬のマンゴー。
搾りたてジュースおいしいです。

| | コメント (0)

2014年1月18日 (土)

バリ島・Mulia SPAで世界一周&ハイドロセラピー

おもいっきり夏〜!

バリ島・Mulia SPAで世界一周ハイドロセラピー

バリ島のMulia resort ヌアドゥアにきております。
バリ島・Mulia SPAで世界一周ハイドロセラピー

楽しみにしていたMulia SPA。

バリ島・Mulia SPAで世界一周ハイドロセラピー

わたしはリゾートスパに来たら、一番特徴的なシグニチャーメニューを受けてみることにしています。

バリ島・Mulia SPAで世界一周ハイドロセラピー

その中から今回セレクトしたのはAround the World Massage。 二人のセラピストが世界中の手技を駆使して同時にマッサージしてくれる4ハンドのメニューなのですが、これがまるでひとりのようにピッタリ。
マッサージテクニックも、バリニーズ、タイ、スウェディッシュ、ロミロミ、足ツボなどなどバラエティー豊かで楽しい。

二人のリズムぴったりのロングストロークは究極の至福。腕を使うロミロミ系は滞ったリンパが押し出されていく感じ。タイ式のストレッチやツボにしっかり入って効く〜っていう手法もアクセントになって、のびて、ほぐれて、流れて、スッキリ♪

二人で行うので倍、つまり90分で、180分ぶんの施術が半分の時間でできちゃうというか、ほんとうにくまなく全てのコリに届く感じ。

ラストはクリスタルを使ってフェイシャルマッサージ!スーパーエクセレントでございました。

さらにスパも水がテーマになっていて、ハイドロセラピーが充実!ミネラルウォーターを活用したハイドロセラピーは、常温水で7分、加温したホットゾーンで7分。
あったか〜いお風呂は露天風呂気分で気持ちいい。

バリ島・Mulia SPAで世界一周ハイドロセラピー

天然水なので、やわらかな感触。7ヶ所あるゾーンを巡ると、それぞれジェットがでる位置や出方が異なり、ぐるっと巡ると、肩、腰、もも、ふくらはぎ、足裏までもれなくジェット水流でほぐされて、超〜リラックスできました。

| | コメント (0)

2014年1月17日 (金)

明日1/18(土)関西テレビ・ウラマヨに出演します。

Dsc_4724_2

明日1/18(土)昼1時~1:56に放送の「ウラマヨ!」(関西テレビ)に出演します。

ウラマヨに出演します。

テーマは「いい湯の裏側?」
“温泉でキレイになる達人”ということで登場させていただき、関西のすべすべ温泉、しっとり温泉をご紹介します~。
http://www.ktv.jp/uramayo/index.html

ウラマヨに出演します。

| | コメント (0)

2014年1月13日 (月)

仙仁温泉 岩の湯は冬でもやっぱり楽園でした

仙仁温泉 岩の湯

大好きなお宿「仙仁温泉・花仙庵 岩の湯」

頭に松ぼっくり。雪だるまさんの上には美味しそうな干し柿がつるしてあります。

雪景色の川を渡り、あたたかなお宿へチェックイン。

ロビーラウンジで手作りのお菓子とお抹茶をいただきます。

仙仁温泉 岩の湯

お部屋でちょっと休憩したら、浴衣に着替えて温泉へでかけます。

雪とつらら。流れ落ちる温泉の湯煙のコントラストが素敵。

仙仁温泉 岩の湯

この宿に来る一番の目的は「岩の湯」。滔々と湧きつづける源泉が流れる岩窟の温泉です。

Photo_2

入るとまずは、男女別の大浴場になっていて、実はここもとても好き。

女性の方は、熱めの内湯とぬるめで深い露天風呂。

雪景色を眺めてついつい長湯してしまいそうになるのですが・・・・。

体が温まったら、専用の湯浴み着をつけて、いざ!洞窟へ!

ここは、男性も女性も大人も子供もみーんな専用の湯浴み着をつけるので、和気あいあい。気兼ねなく、温泉洞窟を楽しめるんです。

ローマの神殿のような洞窟風呂の入口。

み~んな、ここでテンションが上がってしまいます~♪(笑)

Photo

この奥はずっと洞窟が続いていて、一番奥の岩から源泉がすごい勢いで流れ出てきています。

源泉の温度は34.2℃、pH8.4弱アルカリ性の単純温泉。源泉そのままをかけ流しつつ、加温源泉も注ぎ入れているので、ずーーーーーと入っていられるほんわかな「ぬる湯」。

洞窟は奥行30m。奥の奥に行けば、源泉ミストがたちこめる洞窟サウナ状態。そこで発汗したり、どどーっと流れている洞窟の部分で、心身を浄化する気持ちになったり、反対側の静かな洞窟では、水音を聴きながら瞑想する気分でぼーっとしたり。

気が付くと、1時間くらいすぐにたってしまっています。

まさに時空を超える“パワースポット”。

もう、この岩窟・仙人風呂だけでも超~満足なのですが、実は、館内に貸切風呂が4つもありまして~。

4つともデザイン、雰囲気が異なるので、ついつい湯巡りもしてしまいます。

仙仁温泉 岩の湯

どこも内湯と露天風呂お2つの湯船があるのですが、お湯の温度が絶妙。

金井社長の言葉をお借りすると「露天風呂は居眠りできる温度、内湯はちょっと入ったら汗をかける温度」

このこだわりは深く、季節によって、日によって、0.1℃単位まで湯量などで調整ができるようにしているのだそうです。

仙仁温泉 岩の湯

お風呂場は野趣あふれる作りですが、切石などの床は床暖房になっていたりして、足が冷たくないようになっていたりします。幸せ・・・。

仙仁温泉 岩の湯

お風呂上りは、そば茶でほっこり。

お部屋で音楽を聴きながら雪景色を眺めていると・・・もう、夕食の時間です。

仙仁温泉 岩の湯

館内の料亭で、お食事。

仙仁温泉 岩の湯

和蝋燭を灯して、ディナーの始まりです。

もっちりとろーりの胡桃豆腐。野菜のテリーヌもすっごく美味しい。

仙仁温泉 岩の湯

メインの「和牛フィレ肉の杉香焼き」は悶絶級の逸品。

熱々の溶岩石であぶって好きな焼き加減にしていただけるのもうれしかったです。

仙仁温泉 岩の湯

しめのごはんは釜炊き。今宵はだいこんごはんでした。

仙仁温泉 岩の湯

ぬる湯にゆーーーーーーっくり入ったこともあり、夜は、ぐっすり熟睡。

チェックアウトは12時なので、ゆっくりした気分で朝も温泉巡り。

仙仁温泉 岩の湯

朝ごはんは、源泉で炊いた蕎麦の実粥と、白いご飯と、パンが選べます。

仙仁温泉 岩の湯

もちろん・・・。3つともちょっとずつ食べたいという要望も可。(笑)

ここに泊まったほとんどの人が、帰りに次の予約を入れて帰るので、なかなか予約が取れない宿になってしまう、とお聞きしました。

わたしも定期的にリピートしているので、その気持ち、すごくわかる~。と思っていると、チェックアウトの際に、本当に「じゃあ、次はまた○月にね~。」と言って帰る人ばかり。「ホントにそうだったんだ。」と実感。

帰る時から、また行きたい!そんな幸せな温泉セラピーでございました。

| | コメント (0)

2014年1月11日 (土)

絶景の温泉ユートピア@奥山田温泉・満山荘

山田温泉からスキーヤーに混じってバスに乗り、雪の山道をくねくねとのぼってたどりついた秘湯の宿。

大パノラマの絶景@奥山田温泉・満山荘

中に入れば「温泉ユートピア」。
お部屋は広いベランダの絶景ビュー。
真っ赤なチェアの向こうには須坂の町と南アルプスの山々が広がります。

大パノラマの絶景@奥山田温泉・満山荘

モダンデザインだけでなく、びっしりと埋め込まれた炭の壁。大きな窓から迫力の山景色。

大パノラマの絶景@奥山田温泉・満山荘

露天風呂は絶妙の温度。ちょっとぬるめで、ずーーーっと入っていられる心地よさです。

大パノラマの絶景@奥山田温泉・満山荘

泉質は単純硫黄温泉。pH6.8の中性でやわらかな感触。総硫黄は36.6mgもあって、ぐぐぐっと血行促進して温まります。

大パノラマの絶景@奥山田温泉・満山荘

お楽しみの夕食。わたしはこの前菜が大好き♪
野菜たっぷり、左奥の信州サーモンのコンフィは塩麹のディップとアロエが絶品のアクセント。

本日もおいしい温泉でございました〜♪

| | コメント (0)

« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »