« 雪景色の温泉と寒ちぢみほうれん草 | トップページ | 「ONSEN~黄昏時」発売に先駆けて予約開始!! »

2014年1月30日 (木)

STAP細胞の発見は、温泉ビューティにも期待大!!

「STAP細胞(刺激惹起<じゃっき>性多能性獲得細胞)」

初めて知った言葉でした。
理化学研究所発生・再生科学総合研究センターの小保方晴子さんが発表した、新万能細胞のニュースを聞いて、とってもワクワクしてきました。
まだ、マウスでの実験ですが、リンパ球をpH5.7の弱い酸性の溶液に30分入れるという刺激によって、細胞が初期化する。ということを研究・実証したのです。
詳しくは、こちらを御参照ください↓
 
これって、弱い酸性の液体の刺激によって細胞が活性して生まれ変わってしまう。つまり、ある意味アンチエイジングにつながるっていう可能性にもなるのでは~?!
 
そうなると、そうなると、程よい酸性の温泉に入ると適度な刺激によって、肌も活性してアンチエイジングへ・・・・なんていうことも、この小保方さんの「STAP細胞」の劇的な発見によって、研究実証が進む可能性もあるのでは?
 
そしたら、温泉ビューティにもうれしい発見なのでは??な~んて、どんどんうれしい想像は広がっていくのでした。
 
Photo_2
 
「研究者の仕事は世の人のため。一生懸命に頑張っていれば、いつかきっと誰かが評価してくれる」
おばあさまのその教えに励まされて、コツコツと研究を続けてきたという小保方さんの言葉にも感銘を受けました。
 
「温泉ビューティ」の研究も、三歩進んで二歩下がる・・・みたいなこともたくさんありますが、日々試行錯誤、わたしもコツコツがんばって行きたいと思います!

|

« 雪景色の温泉と寒ちぢみほうれん草 | トップページ | 「ONSEN~黄昏時」発売に先駆けて予約開始!! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 雪景色の温泉と寒ちぢみほうれん草 | トップページ | 「ONSEN~黄昏時」発売に先駆けて予約開始!! »